軽構造船の主機剛性を考慮した振動応答推定法の研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

軽構造船の主機剛性を考慮した振動応答推定法の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
大高 勝夫(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988
概要(最新報告):
1.船体及び主機をテイモシエンコはりで近似し、二重底やマウントの剛性をウインクラ型のばねで近似したモデルについて計算及び実験を行い、次の結果を得た。 (1)主機の剛性を考慮したときは、主機の内部モーメントが振動応答に及ぼす影響は無視できず、これは主機の起振力を1個の不平衡力とモーメントに置換える従来の計算法では推定できない。 (2)不平衡モーメントのない着火順序に対して概略の応答を与える計算法を作成した。 2.DW10000トンの貨物船を対象に、機関及び主機を板構造、それ以外の船体をテイモシエンコはりとして有限要素法による計算を行い、次の結果を得た。 (1)前記1.で述べたテイモシエンコはりの計算は、本詳細計算と定性的に一致し、簡便法として役立つことがわかった。 (2)実際の機関位置と着火順序の場合、内部モーメントによる振動応答は不平衡モーメントによる応答と同程度になる場合がある。 3.今後、上記の理論を発展させて、前記2.で述べたモデルの場合について、主機剛性の変化や支持マウント剛性の変化の影響を調べ、最適な設計法を作成する。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
船体振動のActive controlに関する研究 by 大高 勝夫; OHTAKA Katuo
2.
船体振動のActive controlに関する研究 by 大高 勝夫; OHTAKA Katuo
4.
高速船舶の動的強度・振動に関する研究 by 大高 勝夫; OHTAKA Katuo