高精度歯車の経済的加工と性能に関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高精度歯車の経済的加工と性能に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Economical manufacturing of high accuracy gears and their performance
責任表示:
有浦 泰常(九州大学・工学部・教授)
ARIURA Yasutsune(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
本研究は一般に用いられる中・高硬度歯車を対象として、歯面強さに優れた高精度歯車を経済的に得るたこを目指した。 1.高精度歯車の経済的加工について:歯面を滑らかに加工できる新しい工具材種を用い且つ高精度に製作できる新しい仕上げ専用ホブの開発を行い、被削歯車の精度、歯面粗さ、ホブ寿命の評価を行った。 舞いツ-ル基礎試験:(1)粗さ向上に適し、且つ耐摩耗性に優れた工具材種のサ-メットを開発した。(2)ホブを高精度に製作できように切れ刃にランドをつけ、ホブネジの上に切れ刃の一部を残すとき、このランドの大きさと摩耗および粗さとの関係を調べた。(3)サ-メット工具の高硬度歯車材への適用について調べたが,その仕上げ加工は低速域(40m/min程度)において可能であることが分かった。 ホブ切り試験:開発したサ-メット仕上げ専用ホブを用いて、実際に中硬度歯車のホブ切りを行った。(1)従来のホブ切り歯車に比べて歯面の切削傷が少なく、歯車精度が向上し、歯面粗さが最大高さで1/4-1/6程度約1-3μmに減少した。(2)0.1-0.2mmのランドつきホブの場合、ホブの精度が向上し、歯車精度をモジュ-ル6歯車でJIS0級に維持できた。(3)ホブ摩耗が約0.25mm(ランド部含む)までは歯面粗さや歯車精度に大きく影響を及ぼさなかった。 2.歯面強さについて:サ-メット仕上げホブ切りを行った中硬度歯車の歯面粗さを詳細に調べるとともに動力循環式歯車試験機による負荷運転を行い歯面強さに及ぼすその効果を検討した。 (1)普通の高速度鋼ホブ切りでは歯面はRmax10-15μmであるのに対し、サ-メット仕上げホブ切りではRmax2-3μmを得ることができる。 (2)サ-メット仕上げホブ切り歯車は高速度鋼ホブ切り歯車に比べ、伝達荷重で4倍程度大きくなる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
歯車用新材料の開発研究 by 上野 拓; 有浦 泰常
12
歯車の精度と性能 by 近畿歯車懇話会
9.
歯車用新材料の開発研究 by 上野 拓; 有浦 泰常
12.
歯車の精度と性能 by 近畿歯車懇話会