体積力法に基づくパソコンの簡便・高精度応力解析システムの開発

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

体積力法に基づくパソコンの簡便・高精度応力解析システムの開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of a convenient and highly accurate system for stress analysis based on body force method
責任表示:
西谷 弘信(九州大学・工学部・教授)
NISITANI Hironobu(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
本研究の目的[体積力法に基づく、弾性解析用はん用プログラムの開発]を達成するために、昭和63年度と平成元年度にそれぞれはん用プログラムを、科研費で購入したエンジニアリング・ワ-クステ-ションを用いて開発した[その詳細については、裏面の研究発表の1、3〜6または研究成果報告書ア-2〜8を参照されたい。その際に必要な理論的基礎も新しく確立した(成果報告書ア-3)]。この二つの汎用プログラムを用いて、様々な弾性問題を解析した結果、平成元年度に開発したプログラムは、二次元弾性問題に関する今までの他(有限要素法や境界要素法など)に類をみない極めて優れたプログラムであることが、検証された。 この応力解析システムは公開の予定である。これを用いることにより、弾性力学や体積力法のことを十分理解しなくとも、マニュアルにそって簡単なインプットデ-タを入れることにより、短時間で高精度の弾性解が得られる。このことにより、研究者や設計者は研究や設計において、応力集中係数や応力拡大係数のハンドブックを用いることなく(ハンドブックでは望む条件での値は皆無であり、内挿や外挿にたよるか、もしくはそれは全く無効であるかであるが)、本応力解析システムを電卓のように身近にかつ手軽に使うことによって、効率よくそれらの値を得ることができるようになる。 以上のように、昭和63年度〜平成元年度の研究を通じて、本研究の目的であるパソコン上で取り扱う最も効率的な弾性応力解析システムの開発は十二分に達成された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
Using Stress Intensity Factors in Fracture Load Estimation for IC Ceramic Packages by Ishibashi, Masahiro; Nakashima, Hideharu; 石橋, 正博; 中島, 英治
5.
Using Stress Intensity Factors in Fracture Load Estimation for IC Ceramic Packages by Ishibashi, Masahiro; Nakashima, Hideharu; 石橋, 正博; 中島, 英治