壱岐島における散居集落の土地利用と空間構造に関する研究

閲覧数: 13
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

壱岐島における散居集落の土地利用と空間構造に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Land Use and Spatial Structure of Dispersed Settlements in Iki Island
責任表示:
加藤 仁美(九州大学・工学部・助手)
KATOH Hitomi(九州大学・工学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1990
概要(最新報告):
これまでの研究成果は次のように要約される。 (1)散居集落成立の自然的、歴史的背景:壱岐島は玄武岩台地からなる丘陵性の島であり、湧水や溜池など水源の確保、防風のための背戸山の必要など地形・地質・気象等の自然的条件と、潘政期に実施された地割制度や触と浦の二元構成にみられる歴史的要因とが相俟うて、散居集落の形成が全島規模で展開し、今日まで維持されている。 (2)土地利用パタ-ン:南斜面を選んで、背戸山ー宅地ー前畑ー田畑というワンセットの土地利用の定型が認められ、これを“壱岐型土地利用パタ-ン"と名付けた。散居のユニットを構成しているのはこの内背戸山ー宅地ー前畑からなる屋敷廻りの私有地であり、面積は約50a、大旨隣家と接しており、宅地間距離は約70mで、クラスタ構造の結合の仕方とみなせる。田畑は地割制度の影響で分散所有されており、農作業の利便性には集約化の課題が残っている。 (3)空間構成:触は里道で境界づけられているが、中心性は希薄であり、集村のような空間のヒエラルキ-は無い。共同空間としては井、辻、家畜の埋葬地など壱岐独特のものがある。屋敷迴りの土地利用は自給的、生態系維持のユニットを構成している。宅地内は母屋・隠居、釜屋、納屋、牛舎等からなる多棟構成であり、構築的な景観をなしている。 (4)触と構中の社会構成:散居疎住をソフトな面で支えている触と講中という緊密な社会構成が存在し、今日も機能している。 (5)壱岐島の散居集落の特徴と課題:壱岐の特徴は、屋敷が丘陵に立地し、周辺に田畑を集約的に所有していない。その為に散居の規模は比敷的小さいが、散居のユニットを構成している背戸山ー宅地ー前畑からなる屋敷廻りの土地利用は今後も継承すべき豊かな空間である。田畑の集約化、社会空間の変容に対する秩序の形成等が今日的課題としてある。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
対馬・壱岐史を追う by 荒井, 登志夫
8
魏志倭人伝の考古学 by 岡崎, 敬; 春成, 秀爾
1.
対馬・壱岐史を追う by 荒井, 登志夫
8.
魏志倭人伝の考古学 by 岡崎, 敬; 春成, 秀爾