新しい血圧降下薬に分類されるKーchannel openerの分子薬理学的研究

閲覧数: 43
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい血圧降下薬に分類されるKーchannel openerの分子薬理学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Molecular pharmacologycal investigations on K channel openers-New
責任表示:
栗山 煕(九州大学・医学部・教授)
KURIYAMA Hiroshi(九州大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
近年新しい抗狭心症薬や抗高血圧薬としてニコランジル(nicorandil)、クロマカリン(cromakalim)およびピナシジル(pinacidil)が報告され、これらの薬物はK開口薬(K channel opener)と総称され、Kイオン透過を増加しその結果膜の過分極をもたらし、筋弛緩により血管を拡張する作用があるとされていたが、その作用機序は詳細に研究されてなかったので、我々は電位固定法やパッチ固定法によって単離血管平滑筋を用いて研究した。また微小電極法をも併用した。Nicorandil,cromakalim,pinacidilは共に濃度依存性に膜を過分極し、Kイオン透過性を促進した。また静脈系で動脈系よりも強くかつ長い経過の過分極を示した。電位固定法によってこれらの薬物の効果を観察するといづれの薬物も濃度依存性に外向き電流を発生し、この電流はテトラエチルアンモニュウム(TEA)では僅かに抑性され4ーアミノピリジン(4ーAP)で著明に抑制された。電流ー電圧曲線を薬物投与前と投与後で比較すると両曲線はK平衡電位の近くで交差した。パッチ固定法で細胞内Caに依存する大小二つのK電流が記録された(280pSと30pS)。TEAは大きな振幅をもつK電流をより著明に抑制し、4ーAPは小さなK電流を著明に抑制した。またATPは小さな振幅をもつK電流を濃度依存性に抑制し、グリベンクラミドもこの小さなK電流を選択的に抑制した。Nicorandil,cromakalimとpinacidilはいづれも小さな振幅をもつK電流(Ca依存性ATP感受性ーグリベンクラミド感受性K電流)に作用することが明らかになった。このK電流の開口確率の増加と開口時間の延長がK開口薬の作用であると決論した。さらにnicorandilはニトロ化合物としてcyclic GMPを産生し、cromakalimは電位依存性Caチャネルを抑制し、pinacidilは1P_3の産生を抑制することも抗狭心症および抗高血圧作用薬としての作用に関与していることが明らかになった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2.
薬物一収縮連関機構の分子薬理学的研究 by 栗田 煕; KURIYAMA Hirosi