都市の熱環境形成における水面・緑地の効果に関する総合的調査研究

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

都市の熱環境形成における水面・緑地の効果に関する総合的調査研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
COMPREHENSIVE SURVEY ON THE EFFECTS OF WATER AND GREEN IN THE FORMATION OF URBAN THERMAL ENVIRONMENT
責任表示:
片山 忠久(九州大学・大学院総合理工学研究科・教授)
KATAYAMA Tadahisa(九州大学・大学院総合理工学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
夏期の都市熱環境における水面・緑地の効果に関し、実測調査を主とした総合的な研究を行い、以下のような成果を得た。1.海風の冷却効果に関して、風向・風速と気温の3地点同時の長期観測を実施した。陸風から海風への変化により、気温上昇の緩和あるいは気温の低下が認められ、海岸からの距離によって異なるが、平均的に3℃程度に達する。2.河川上と街路上における熱環境の比較実測を行った。河川は風の通り道としての役割を果しており、その水面温度も舗道面温度などに比較して最大30℃程度低い。その結果、海風時の河川上の気温は街路上のそれに比較して低く、その気温差は海岸からの距離により異なるが、最大4℃に達する。3.満水時と排水時における大きな池とその周辺の熱環境の分布を実測した。池の内部と周囲には低温域が形成されており、その外周200〜400mまでの市街に対し0.5℃程度の気温低下をもたらしている。その冷却効果は池の風上側よりは風下側により広く及んでいる。4.公園緑地内外の熱環境の分布を実測した。公園緑地内はその周辺市街に比べて最大3.5℃低温である。また公園緑地内の大小に依らず、緑被率、緑葉率に対する形態係数が大きくなれば、そこでの気温は低下する傾向にある。5.地表面の粗度による風速垂直分布および地表面温度分布を境界条件として、LESとk-ε2方程式モデルを用いて2次元の市街地風の数値シミュレ-ションを行い、市街地の熱環境を数値シミュレ-ションにより予測できる可能性を示した。6.建物の形状や配置を考慮した地表面熱収支の一次元モデルを作成し、都市の大気境界層に関する数値シミュレ-ションを行い、接地層の気温の垂直分布について実測値とよく一致する結果を得た。建物高さ、人工廃熱、水面・緑地の面積率などに関してパラメ-タ解析を行い、都市の熱環境の定量的な予測を行った。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
内湾における土砂堆積過程に関する研究 by 戸原 義男; TOHARA Yoshio
10
福岡・筑紫平野間の内陸部における局地降雨と海風収束 by 久田, 由紀子; 池本, 和生; 弓本, 桂也; 松永, 信博; Hisada, Yukiko; Ikemoto, Kazuo; Yumimoto, Keiya; Matsunaga, Nobuhiro
7.
内湾における土砂堆積過程に関する研究 by 戸原 義男; TOHARA Yoshio
10.
福岡・筑紫平野間の内陸部における局地降雨と海風収束 by 久田, 由紀子; 池本, 和生; 弓本, 桂也; 松永, 信博; Hisada, Yukiko; Ikemoto, Kazuo; Yumimoto, Keiya; Matsunaga, Nobuhiro