降雨流出系の確率システム理論的研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

降雨流出系の確率システム理論的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Application of Stochastic System Theory for Rainfall Runoff Analysis
責任表示:
四ケ所 四男美(九州大学・農学部・助教授)
SHIKASHO Shiomi(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
山地小流域における流出過程を流域貯留量と流出量の関係を表現するパラメータの時空間的変動から推定する目的で研究を進めた。パラメータの同定には確率システム理論を適用し、解析対象データは御手洗水試験流域(流域面積0.095km^2)における観測値を使用した。本研究で得られた成果は次のようである。 1.フイルタリング理論は、観測できない量を状態変量にとることができるので、少ない観測量で多くの状態変量を合理的に推定することができ、流出モデルのパラメータを容易に同定できる。 2.水みち流に代表されるような速い流出の発生、消滅とモデルパラメータの間には密接な関係が認められ、モデルパラメータ値の変動を追跡することにより、山腹斜面域における雨水の流出形態を、降雨量と流域流出量のみから時々刻々推定できる。 3.上記(1)(2)の結果から、降雨流出系の内部構造を理解する上でシステム理論が有効であることが分かった。 4.斜面流定数の時空間的変動特性を考慮した概念流出モデルを構築した。すなわち、斜面流の抵抗則が、斜面最上端から中央までは線形貯水池、中央から最下端までは非線形貯水池の2個のタンクのカスケード結合を考えた。このモデルにおいて末知のパラメータは両タンクからの流出係数となる。試験流域への適用例では、表面流出モデルと同程度の流量予測が可能であった。なお、両タンクの流出係数はオーダーが違う開きがあり、パラメータ同定の際に支障となる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
山地小流域における雨水の移動と流出現象に関する研究 by 四ケ所 四男; SHIKASHO SHIOMI; 四ヶ所 四男美; 四ケ所 四男美
2
水理・水文学へのファジィ理論の応用 by 四ヶ所 四男美; SHIKASHO Shiomo
9
TOPMODELによる山地小流域における降雨流出のモデリング by 岡田, 裕子; Okada, Yuko; 平松, 和昭; Hiramatsu, Kazuaki; 四ヶ所, 四男美; Shikasho, Shiomi; 森, 牧人; Mori, Makito
4
南九州地域の河川の流出特性 by 四ケ所 四男美
12
河口感潮域の流れと拡散に関する数値計算法 by 四ヶ所 四男美; 四ケ所 四男美
1.
山地小流域における雨水の移動と流出現象に関する研究 by 四ケ所 四男; SHIKASHO SHIOMI; 四ヶ所 四男美; 四ケ所 四男美
2.
水理・水文学へのファジィ理論の応用 by 四ヶ所 四男美; SHIKASHO Shiomo
4.
南九州地域の河川の流出特性 by 四ケ所 四男美
9.
TOPMODELによる山地小流域における降雨流出のモデリング by 岡田, 裕子; Okada, Yuko; 平松, 和昭; Hiramatsu, Kazuaki; 四ヶ所, 四男美; Shikasho, Shiomi; 森, 牧人; Mori, Makito
12.
河口感潮域の流れと拡散に関する数値計算法 by 四ヶ所 四男美; 四ケ所 四男美