在宅のパッシブクーリングに関する総合的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅のパッシブクーリングに関する総合的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Synthetic Study on Passive Cooling of Dwellings
責任表示:
浦野 良美(九州大学・工学部・教授)
URANO Yoshimi(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
気候や地域の問題も含めた幅広い視野から、季間蒸暑地域における住宅のパッシブクーリングの考え方とその設計および評価の在り方を明らかにした。最終的に得られた研究成果を以下に列記する。 1.風土と住宅、住宅の開放性と閉鎖性、冷房と涼房の違い、住宅の自然冷熱源、夏冬と昼夜の建物外皮可変、などの観点からパッシブクーリングの基本的考え方をまとめ、既存のパッシブクーリング住宅の事例を収集した。 2.夏季の蒸し暑さを視覚的に大づかみにするため、AMeDASデータを用いて、気候要素、不快指数、エンタルピー、季間冷房負荷、室内標準新有効温度SET^*によるマップを作成した。さらに、SDPテープを用いて、日本全国49地点の蒸暑期に通風が利用できる可能性を通風有効率として方位別・時間帯別に明らかにした。 3.地被材料、土地利用形態、建物配置など土地被覆の観点から、パッシブクーリングを意図する住宅周辺の熱環境が如何に形成されるか、住宅の敷地より大きな規模でどのようなパッシブクーリングが可能かを調べ、水面・緑地のオアシス効果や建物の容積率を地域環境的に見直す必要性を強調した。 4.日射遮蔽・通風・排熱・排湿による基本手法と地中冷熱・床下冷気・夜間冷気・放射冷却・蒸発冷却利用による手法のパッシブクーリング効果について、実測調査、数値シミュレーション、屋外実験、風洞実験などにより、それらの個別効果や複合効果を検討するとともに、各手法の原理、地域的有効性、基本システム、応用例を示した。 5.基準ユニットスペースから成る住宅モデルに種々のパッシブ手法を採用した場合の各室のSET^*をデータベースとして利用する設計支援システムを提案した。また、CADシステムとの連動を目指した性能予測システムの基本式と全体フローを明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
家相本位の住宅設計圖集 by 松平, 英明; 本間, 五郎
11
戦後日本における住宅生活協同組合の設立経緯とその背景 by 橋田, 竜兵; Hashida, Ryohei; 菊地, 成朋; Kikuchi, Shigetomo; 森田, 芳朗; Morita, Yoshiro; 柴田, 建; Shibata, Ken
12
設計段階における戸建住宅の年間CO_2排出量算定ツールの開発 by 原, 祐介; 赤司, 泰義; 住吉, 大輔; Hara, Yusuke; Akashi, Yasunori; Sumiyoshi, Daisuke
4.
家相本位の住宅設計圖集 by 松平, 英明; 本間, 五郎
11.
戦後日本における住宅生活協同組合の設立経緯とその背景 by 橋田, 竜兵; Hashida, Ryohei; 菊地, 成朋; Kikuchi, Shigetomo; 森田, 芳朗; Morita, Yoshiro; 柴田, 建; Shibata, Ken
12.
設計段階における戸建住宅の年間CO_2排出量算定ツールの開発 by 原, 祐介; 赤司, 泰義; 住吉, 大輔; Hara, Yusuke; Akashi, Yasunori; Sumiyoshi, Daisuke