高速船の推進性能算定に関する研究

閲覧数: 18
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高速船の推進性能算定に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Research on Power Prediction Method for High-Speed Ship
責任表示:
中武 一明(九州大学・工学部・教授)
NAKATAKE Kuniharu(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
1.Wigley船型とプロペラと舵を組み合わせて、船体の抵抗試験、プロペラの単独試験、舵付と舵無し状態での自航試験を九大水槽で行い、フルード数0.2〜0.35において、自航要素が波の影響によって波打つ現象を捉えることが出来た。またプロペラ面での伴流分布を計測して、推進性能計算の入力データを作成した。 2.横国大において、上記船型のプロペラ面における粘性伴流分布を境界層理論を用いて計算し、実験値とも良く似た分布が得られた。また広大において、渦度輸送方程式を用いて実用船型の粘性伴流について計算し、実験値と比較して、同方法の有効性を確かめた。 3.上の試験に対応する計算プログラムを、ランキン・ソース法と波無し状態における推進性能計算法とを組み合わせて作成した。粘性伴流分布を入力データとして、1に対応する計算を実施し、やはり自航要素が波の影響によって波打つ結果をシミュレートすることが出来た。計算による2の粘性伴流分布を計算プログラムに入力して、推進性能の計算を行ったところ、実験値の傾向と良く似た結果を得ることが出来た。 4.東大では、差分法を用いて、船首部が静水中および正面迎波中を進む時の船側波形と圧力分布を求めた。 5.九大で、高次要素を用いる境界要素法によって、非線形スロッシングの数値解法が開発された。 6.九大で、Wigley船型の正面規則波中の運動と抵抗増加が計算され、さらに貨物船Series60船型が正面規則波中を進む時の推進性能が計算され、実験結果と比較的良く一致する結果が得られた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
高速船推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
2
船の自航推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
3
規則波中の船の推進性能算定法に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
4
船の推進性能を改良する前方翼車の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
11
新しい船舶操縦性モデに関する総合的研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
12
肥大船の推進性能 by 中武 一明
1.
高速船推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
2.
船の自航推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
3.
規則波中の船の推進性能算定法に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
4.
船の推進性能を改良する前方翼車の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
7.
高速船舶の動的強度・振動に関する研究 by 大高 勝夫; OHTAKA Katuo
11.
新しい船舶操縦性モデに関する総合的研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
12.
肥大船の推進性能 by 中武 一明