高性能レーザー多光子イオン化センサー

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能レーザー多光子イオン化センサー

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
小川 禎一郎(九州大学大学院・総合理工学研究科・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987
概要(最新報告):
レーザー多光子イオン化法を一層高感度とし, また各方面へ応用した. 1.ミクロセルの試作 Free falling Jetセルの改良と液滴セルの試作を行い, それらの適用限界を検討した. 前者はより高感度だが液流量が多く, 後者は微量化に向く. 2.液相での高感度分析 二光子イオン化スペクトル(光イオン化電流のレーザー波長依存性)により高感度分析のための最適波長と信号雑音比を求める方式を確立した. これより検出限界をペリレンで50ppt(383nm), ナフタセンで20ppt(407nm)と定めた. イオン化効率と過剰エネルギーの関係を解析した. 3.高速液体クロマトグラフ検出器への応用 レーザーの絞りやすさを生かし, 通常型高速液体クロマトグラフのほか, セミミクロ・ミクロカラムの高速液体クロマトグラフ検出器への応用を試みた. 前者は液流量が多いのでFalling Jetセルと, 後者は少ないので液滴セルと組合せた. 三次元クロマトグラフより測定の最適波長を定めた. ピレンについて得られた検出限界は, 通常型で0.5pg, セミミクロで8.4pg, ミクロで1.6pgであって, 市販UV検出器より良好であった. 4.表面吸着試料の高感度分析 金属板に試料溶液を塗付風乾し, レーザーを照射し流れる電流を測定した. 金属表面にイオンが生成すると仕事関数が低下し放出電子量が増大する. 検量線は4桁以上で直線で, ピレンの検出限界は10^<-12>mol/cm^2であった. 5.気相での高感度分析 大気圧窒素気流中の芳香族分子や二酸化窒素の検出を試みた. 芳香族分子で,ppbレベルの検出感度を得た. 常温で固体の分子については熱気化法により検出した. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
レーザー多光子イオン化法による超高度分析 by 小川 禎一郎; Ogawa Teiichiro
10
超高感度・高選択的質量分析装置の開発 by 内村 智博; UCHIMURA Tomohiro
2.
レーザー多光子イオン化法による超高度分析 by 小川 禎一郎; Ogawa Teiichiro
10.
超高感度・高選択的質量分析装置の開発 by 内村 智博; UCHIMURA Tomohiro