漢字圏諸国における法律用語の国際的比較研究

閲覧数: 15
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

漢字圏諸国における法律用語の国際的比較研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
INTERNATIONAL COMPARATIVE REEARCH OF LEGAL TERMINOLOGIES IN THE COUNTRIES USING CHINESE CHARACTER
責任表示:
近藤 昭三(九州大学・法学部・教授)
KONDO Shozo(九州大学・法学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1989
概要(最新報告):
平成元年度の研究は、大きく分けて、(1)相互の訪問による相手国およびわが国での学術研究、(2)比較対照された法律用語のデータベース化、および(3)これまでの共同研究で得られた知見、データ、資料を素材にしての研究報告書の作成、という三つの部分に分けられる。 (1)については、まず、平成元年7月に、韓国釜山大学校法科大学より研究分担者である2名の教授ーー専門は国際法と行政法ーーを招聘し、相互の作業の進捗状況等について報告し疑問点等を討議するとともに、両教授の専門領域における韓国法および法学の現状と課題について研究会を重ねた。とくに、新たに地方自治制度が施行された行政法分野において、法律用語を含めた新しい動きがあることが注目された。 10月には、日本側より4名の研究分担者が釜山大学校を訪れた。法科大学では、金均保学長をはじめ、これまで本研究にご協力いただいたスタッフと総括的な検討作業を行い、韓国側はこの検討作業を踏まえて報告書に掲載する論文を執筆することになった。さらに、われわれが先に送付した一覧表への対応語の記入作業も今年度末を目標に完了させることを確認した。 10月末から11月初めにかけて、北京大学法律系より、王国枢教授(刑法・刑事訴訟法)と買俊玲副教授(労働法)が来日され、九州大学法学部の研究分担者の一人であった横山晃一郎教授の逝去によりこれまで比較的作業が遅れていた刑法・刑事訴訟法分野、そして労働法分野、とりわけ婦人保護法の制定作業に関して、広範囲にわたり意見の交換を行った。両教授が、福岡刑務所、福岡県婦人少年室、福岡県地方労働委員会、福岡地方裁判所、福岡市弁護士会等の実務の現場でも積極的に視察および調査活動を展開し、まさしく経験的に国際的比較研究を進めたことは特筆に値する。また、両教授が持参した刑事法、刑事・民事訴訟法、社会労働法関係の記入済み用語対照表をもって、中国側のデータ作成作業はほぼ完了した。 そして、11月15日から同22日にかけて、九州大学より4名の調査団が北京大学を訪れた。天安門事件後ということもあり、北京大学での研究組織の動向が懸念されたものの、研究協力・支援態勢に変りはなく、これまでの総括を含め、活発な討論が交わされた。そして、次年度以降も、機会があれば、この種の共同研究を継続させていくことで合意を見た。 (2)については、わが国で刊行されている各種学術資料から選択した法律用語をデータベースに入力し、そのファイルを基に憲法、経済法、労働法等、22の領域ごとに<日本語ー中国語>、<日本語ー韓国語>の対照一覧表を作成し、これを相手側研究機関に送付した。そして、昨年度同様、返送されてきた各領域の一覧表を基にしてデータの入力作業を進めた。この作業の成果は、PC98上で検索や選択が可能な「韓・中・日法律用語データベース」としてまとめられるはずである。 そして、(3)については、これまでの訪問調査、相互討議、収集資料等に基づいて報告書の原稿を作成した。研究分担者の構成上専門分野に多少偏りがあるのは否めないが、韓国、中国、そして日本のそれぞれの立場から、比較法的分析を縦横に織り込みつつ、法発展の独自性と共通性が解明されるはずである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
国際的技術移転と法 by 経済法学会
8.
現代経済と市民の権利 by 正田, 彬
10.
国際的技術移転と法 by 経済法学会