超長形式機械命令型次世代高性能ワークステーションの開発

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

超長形式機械命令型次世代高性能ワークステーションの開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of a High-Performance Workstation with a Very-Long-Instruction-Word (VLIW) Processor
責任表示:
富田 眞治(九州大学・大学院総合理工学研究科・教授)
TOMITA Shinji(九州大学・大学院総合理工学研究科・教授)
富田 真治(九州大学・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
本研究の主な成果を以下に示す。 1.QA-2の総合的性能評価とアーキテクチャの再設計:研究代表者らが以前開発した超長形式機械命令型計算機QA-2のアーキテクチャを評価した結果、機械命令処理の高度パイプライン化、演算器個数に依存しない汎用の機械命令形式などの必要性が明らかになった。この結果、超長形式機械命令型計算機の発展形である単一命令流/多重命令パイプライン(SIMP)方式を考案した。この方式は、短形式機械命令を実装した演算器個数分づつまとめて同時にパイプライン処理することにより、命令処理の時間的かつ空間的な並列度を更に高めようとするものである。 2.超長形式機械命令型計算機の試作機開発:SIMP方式に基づく試作機を開発した。開発した試作機は、浮動小数点演算器および固定小数点演算器それぞれ1個を1本の命令パイプラインの核として、4本の多量命令パイプラインを有するものである。命令実行の障害となるデータ依存関係および制御依存関係を実行時に解決するための動的コード・スケジュールリング・アルゴリズムを開発し、試作機に実装している。その結果、命令実行順序がオブジェクト・コード上の命令出現順序と異なるアウト・オブ・オーダー実行となる。本アルゴリズムは他のアルゴリズムと比べて、分岐命令実行の際の選択的な命令無効化、複数のデータ依存関係の検出・表現、分岐命令を跨いだアウト・オブ・オーダー実行および先行実行などが特徴的である。 3.超長形式機械命令型計算機用の最適化コンパイラの開発:SIMP方式のための最適化コンパイラに採用する静的コード・スケジューリング・アルゴリズムとして、トレース・スケジューリング法、ソフトウェア・パイプライニング法,ポリサイクリック・スケジューリング法などの試作機への適用を検討した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
機械命令レベル並列処理の高速化に関する研究 by 富田 眞治; TOMITA Shinji; 富田 真治
2
可変構造型並列処理計算機に関する研究 by 富田 眞治; TOMITA Shinji; 富田 真治
3
可変構造型並列処理計算機の開発 by 富田 眞治; TOMITA Shinji; 富田 真治
12
キャッシュ・ミス頻発命令が性能に与える影響 by 堂後, 靖博; Dougo, Yasuhiro; 井上, 弘士; Inoue, Koji
1.
機械命令レベル並列処理の高速化に関する研究 by 富田 眞治; TOMITA Shinji; 富田 真治
2.
可変構造型並列処理計算機に関する研究 by 富田 眞治; TOMITA Shinji; 富田 真治
3.
可変構造型並列処理計算機の開発 by 富田 眞治; TOMITA Shinji; 富田 真治
12.
キャッシュ・ミス頻発命令が性能に与える影響 by 堂後, 靖博; Dougo, Yasuhiro; 井上, 弘士; Inoue, Koji