正弦波出入力PWM電流形インバ-タ・コンバ-タシステムの開発研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

正弦波出入力PWM電流形インバ-タ・コンバ-タシステムの開発研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Developmental Research of PWM Current Source Inverter-Converter System with Sinusoidal Inputs and Outputs
責任表示:
野中 作太郎(九州大学・工学部・教授)
NONAKA Sakutaro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1989
概要(最新報告):
1.新回路方式正弦波入力PWM三相コンバ-タの開発研究 昭和62年度設備備品として10kVAPWM電流形インバ-タ・コンバ-タシステム試験装置を特別発注で購入し、三相コンバ-タのPWM制御方法について詳細に検討し、最適PWM制御法を開発した。 2.新回路方式正弦波入力PWM単相コンバ-タの開発研究 新しい主回路構成の正弦波入力単相コンバ-タを開発し、試作コンバ-タによる実験と理論からその有効性を明らかにした。 3.正弦波出力PWM電流形インバ-タPWM制御法の確立 ニュ-トン法を適用した数値解析により、PWMパタ-ンの高調波を除去した最適パタ-ンの導出を行い、このパタ-ンの採用でインバ-タ周波数の広範囲にわたって正弦波電圧・電流を供給できることを明らかにした。 4.かご形誘導電動機四象限運転に適したPWM電流形インバ-タ・コンバ-タシステムの開発研究 システム試験装置でかご形誘導電動機の四象限運転を行い、すべり周波数制御の最適システムを開発した。 5.正弦波入出力PWM電流形インバ-タ・コンバ-タシステムによるベクトル制御の研究 出力電流の制御方式として、インバ-タの変調率を直接制御する新方式を考案し、電流の高速制御が可能となった。 6.同期電動機駆動特性と無整流子電動機としての運転特性の研究 システム試験装置による同期電動機の駆使の結果、非常に滑らかな低速運転および広範な速度制御が可能であることが判明した。 7.MOSFET正弦波入出力PWM電流形インバ-タ・コンバ-タシステムの研究 MOSFETの適用により、完全な正弦波入出力が可能であることを理論的に確認した。 8.正弦波入出力PWM電圧形インバ-タ・コンバ-タシステムとの比較 比較の結果、本システムは理想的回路構成であることが確認できた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
インバータ回路 by Bedford, B. D.; Hoft, R. G.; 秦泉寺, 敏正
3
励磁機なしブラシレス交流発電機の開発研究 by 野中 作太郎; Nonaka Sakutaro
12
汎用インバータ活用ガイドブック by 電気書院編集部
3.
励磁機なしブラシレス交流発電機の開発研究 by 野中 作太郎; Nonaka Sakutaro
8.
インバータ回路 by Bedford, B. D.; Hoft, R. G.; 秦泉寺, 敏正
12.
汎用インバータ活用ガイドブック by 電気書院編集部