コリネバクテリウム,パルブム(CP)によるEMCウイルス誘発糖尿病の阻止機構

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コリネバクテリウム,パルブム(CP)によるEMCウイルス誘発糖尿病の阻止機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
永渕 正法(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987
本文を見る

類似資料:

7
ウイルス糖尿病の発症機構解明を目指して by 永淵 正法; NAGAFUCHI Seiho
7.
ウイルス糖尿病の発症機構解明を目指して by 永淵 正法; NAGAFUCHI Seiho