速度漸増方式による転がり-滑り接触面の焼付きに関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

速度漸増方式による転がり-滑り接触面の焼付きに関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
和泉 直志(九州大学・工学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987
本文を見る

類似資料:

5
ロボットによる指先での転がり接触を用いた物体操作と滑りの計測 by 本田, 久平; Honda, Kyuhei; 長谷川, 勉; Hasegawa, Tsutomu; 松岡, 毅; Matsuoka, Takeshi
5.
ロボットによる指先での転がり接触を用いた物体操作と滑りの計測 by 本田, 久平; Honda, Kyuhei; 長谷川, 勉; Hasegawa, Tsutomu; 松岡, 毅; Matsuoka, Takeshi