リソゾーム膜に存在する分子量42万のシアロ糖蛋白質のクローニングに関する研究

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

リソゾーム膜に存在する分子量42万のシアロ糖蛋白質のクローニングに関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Isolation and sequencing of a cDNA clone encoding 107-kDa sialoglycoprotein in the rat liver lysosomal membrane
責任表示:
姫野 勝(九州大学・薬学部・助教授)
HIMENO Masaru(九州大学・薬学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
初年度においても著者はLGP107のcloningを試みたが、単離したcloneはLGP107をcodeしていなかった。本年度も同じように抗体を用いて単離を試みた結果3個のcloneを得た。このcDNAはcodeするタンパク質の大きさに相違はあったが、すべてがLGP107の一部または全部をcodeしていた。このうち最も大きなcDNAは1854bpであった。このcDNAから成熟型のLGP107の一次構造を推定することが出来た。それによると成熟型のLGP107は386個のアミノ酸からなる分子量42Kのタンパク質から成ることが明かとなった。しかしこのcloneはsignal peptideをcodeする領域を次損していた。Hydropathy plotの結果からC末付近(351ー374残基)に疎水性の高い部分が存在しており、この部分でリソゾーム膜にanchorされていると考えられる。また無傷のトライトゾームおよびトライトゾーム膜にneuraminidaseを作用した実験結果より、糖鎖はリソゾームの内腔に存在していると考えられる。今回の実験より推定される一次構造と会わせて考慮すると膜にanchorされている部分よりN末端側に全ての血清型糖鎖結合可能部位(20ケ所)が存在しているのでN末端側がリソゾーム内腔に存在し、膜にanchorされている部分を除いたC末端側の12個のアミノ酸だけでcytoplasmic domainを形成していることが明かとなった。また最近ニワトリ、人、マウスのリソゾーム膜タンパク質の一次構造の結果と比較する膜にanchorされている部分を含めてC末端部分の四者のホモロジーは90%以上であった。 Northern blottingの結果から検討した臓器(脳、肺、心、肝、膵、脾、腎)全てにLGP107は発現しておりかつ一種類のmRNAが存在する事が明らかになった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
リソゾーム膜形成の分子機構に関する研究 by 加藤 敬太郎; KATO Keitaro
9
Identification of cDNAs Encoding the WD Repeat Protein and Auxin-regulated Protein in Nicotiana Glutinosa Leaves Induced in Response to Tobacco Mosaic &hellip by Abe, Masumi; Hayashi, Takeshi; Hada, Kazumasa; Kimura, Makoto; 阿部, 真澄; 林, 毅; 波田, 一誠; 木村, 誠
2.
リソゾーム膜形成の分子機構に関する研究 by 加藤 敬太郎; KATO Keitaro
9.
Identification of cDNAs Encoding the WD Repeat Protein and Auxin-regulated Protein in Nicotiana Glutinosa Leaves Induced in Response to Tobacco Mosaic &hellip by Abe, Masumi; Hayashi, Takeshi; Hada, Kazumasa; Kimura, Makoto; 阿部, 真澄; 林, 毅; 波田, 一誠; 木村, 誠