計算機による自然言語医療デ-タの意味理解処理に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

計算機による自然言語医療デ-タの意味理解処理に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Study on Computer Understanding of Clinical Data in Natural Language
責任表示:
横田 将生(福岡工業大学・工学部・教授)
YOKOTA Masao(福岡工業大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1989
概要(最新報告):
本研究課題(研究期間 昭和62年度〜平成元年度)に基づき、自然言語医療情報として病院カルテの一種である退院サマリの自動理解処理の研究を行った。3年間において達成された事柄は以下のようである。 1.資料整理蓄積:約1000件(約40000文章)の手書き退院サマリをワ-ドプロセッサを介して文書ファイルとして蓄積した。 2.資料分析:蓄積された自然言語デ-タを計算機を利用して構文的に分析し、約700個の主要な動詞(主にサ変動詞)およびそれらの構造的特徴を抽出した。意味分析には有効な計算機による補助手段が存在しないため約200件(約8000文章)にとどまった。この意味分析の結果、主要な事物概念範疇約70個および属性約120個を抽出した。 3.システムの作成:退院サマリを日本語談話として意味解釈するプロトタイプシステムの作成、連接した複合名詞の意味解釈アルゴリズムの開発、対話型学習機構の検討、および文法逸脱を含む省略文章の解釈方法の開発等を行った。 4.研究発表:原著論文3件(査読有り)、シンポジウム1件(査読有り)、講演論文29件、その他1件、合計34件である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
医療系養成校の情報科学教育の現状と問題点、そしてスマートフォン/タブレットの医療系養成校への適用と提案 by 神崎, 秀嗣; 藤田, 洋一; 石田, 洋一; Kohzaki, Hidetsugu; Fujita, Yoichi; Ishida, Yoichi
10.
医療系養成校の情報科学教育の現状と問題点、そしてスマートフォン/タブレットの医療系養成校への適用と提案 by 神崎, 秀嗣; 藤田, 洋一; 石田, 洋一; Kohzaki, Hidetsugu; Fujita, Yoichi; Ishida, Yoichi