矯正歯牙移動時におけるハイドロキシアパタイト埋入歯槽骨の変化に関する実験的研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

矯正歯牙移動時におけるハイドロキシアパタイト埋入歯槽骨の変化に関する実験的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
An experimental study on histopathological changes of alveolar bone around hydroxyapatite during orthodontic tooth movement.
責任表示:
古川 猛士(九州大学・歯学部附属病院・助手)
原 宜興(九州大学・歯学部付属病院・講師)
HARA Yoshitaka(九州大学・歯学部付属病院・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
ハイドロキシアパタイト(HAP)を骨移植材として使用した後に、歯牙の小矯正移動を行うことの可否を判断するため、ビーグル犬の上顎第一および第三小臼歯を抜歯し、そのスペースを利用して第二小臼歯近遠心に作製した人工的骨欠損内にHAPを移植した。歯槽骨の再生が起こった移植後3カ月に、当該歯牙に近心方向の矯正力を加えた。矯正力は4カ月間加え、1カ月ごとに1頭づつ屠殺した。4カ月間の移動後は保定期間とし、2カ月ごとに1頭づつ計3頭屠殺した。その結果、まず肉眼的には移植例のほうが歯牙の移動量は少なかった。次に病理組織学的にみると、圧迫側ではHAP周囲に再生した骨組織にも、対照例同様の破骨細胞性の骨吸収が観察された。またHAPには、多核の巨細胞が付着し吸収を行っているようであったが、経時的にみるとHAPの吸収量は少ないと思われた。それとともに、HAPと接した歯根には吸収が起こっていた。矯正移動後の保定期間には、歯根周囲に残存したHAPを伝わって伸びる骨組織により、歯根の骨性癒着が生じていた。一方索引側では対照例と同様に、HAP周囲に再生した歯槽骨にも骨組織の添加がみられた。さらに対照例では、骨欠損の内部は結合組織で満たされ、歯槽骨の外縁は人工的骨欠損の状態のまま陥凹しており、骨組織による修復は不充分であった。これに対し移植例ではかなりの骨修復が認められ。対照例にみられた陥凹は存在しなかった。これより、HAP周囲に再生した骨組織にも、正常骨組織同様の破骨細胞による骨吸収が起こると考えられた。そして臨床的には、歯牙の小矯正移動を行う予定の歯牙に対して、牽引側にHAPを移植することは骨欠損を減少させる意味で効果的であると思われた。しかし圧迫側への移植は、歯根の吸収や骨性癒着を引き上こす可能性があるので避けるべきであると判断された。 続きを見る
本文を見る

類似資料: