前庭特殊細胞における複合糖質の生成とその意義

閲覧数: 14
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

前庭特殊細胞における複合糖質の生成とその意義

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Synthesis of Carbohydrate Complex and its Significant Role in the Vestibular Specialized Cells
責任表示:
KOGA Toshitaka
原田 康夫(広島大学・医学部・教授)
HARADA Yasuo(広島大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1990
概要(最新報告):
日常臨床に於いてめまいはよく見られる疾患であり、その病因については種々の原因が考えられている。しかし内耳感覚受容器に生じる障害の初期的な変化がいかにして起こるかについては、今なお不明な点が少なくない。前庭器においては、平衡斑支持細胞の細胞の中には耳石生成に関与する物質がみられる。また、一方、半規管膨大部稜支持細胞ではクプラの栄養に関係する複合糖質を生成している。本研究は耳毒性薬物を投与した際の複合糖質の変化と感覚毛変化との関係、また支持細胞、暗細胞における複合糖質の生成とその機能を解明する事により、初期の前庭器障害のメカニズムを解明する事を目的とする。本研究を行うに当たり実験動物にはモルモットを使用し、試料作製にあたっては内耳の複合糖質を染め出す為にルテニウム赤染色を初めとする特殊染色を応用し、更に内耳の複合糖質の三次元立体構造の観察の為に新開発の超高分解能走査電子顕微鏡を利用した。また複合糖質に含まれる各種糖鎖の同定の為にはレクチンによる免疫染色を利用し光顕並びに電顕レベルでの観察を施行した。本研究の結果、前庭感覚上皮を構成する感覚細胞、支持細胞、暗細胞などの細胞表面はすべて複合糖質から構成されるglycocalyxで覆われており、その機能は感覚細胞では感覚毛の形態の保持、感覚細胞興奮機構への関与、支持細胞では細胞の保護、暗細胞では耳石の吸収や内リンパ液のイオン環境の調節等に働いていることが明らかになった。さらにglycocalyx、耳石膜に含まれる糖の種類をレクチンを用いることで明らかにすることができた。これらの実験動物で得られた結果はすべて、ヒトの前庭器でも同様に観察され、このような複合糖質の内耳での局在、あるいはその機能は哺乳動物に共通なものであることが判明した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
複合糖質の化学と最新応用技術 by 正田, 晋一郎; 稲津, 敏行
4
2,2',3,4',5,5'-六塩素化ビフェニル(CB146)のin vitro代謝の動物種差 by 太田, 千穂; 原口, 浩一; 加藤, 善久; 遠藤, 哲也; 古賀, 信幸; Ohta, Chiho; Haraguchi, Koichi; Kato, Yoshihisa; Endo, Tetsuya; Koga, Nobuyuki
4.
2,2',3,4',5,5'-六塩素化ビフェニル(CB146)のin vitro代謝の動物種差 by 太田, 千穂; 原口, 浩一; 加藤, 善久; 遠藤, 哲也; 古賀, 信幸; Ohta, Chiho; Haraguchi, Koichi; Kato, Yoshihisa; Endo, Tetsuya; Koga, Nobuyuki
6.
複合糖質 : 臨床医学との接点 by 神奈木, 玲児
7.
複合糖質の化学と最新応用技術 by 正田, 晋一郎; 稲津, 敏行