九州北部を中心とする夾炭第三系堆積盆地の基礎

閲覧数: 10
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

九州北部を中心とする夾炭第三系堆積盆地の基礎

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Geological research on the relationships between the Paleogene coal-bearing formations and their basement rocks in North Kyushu.
責任表示:
富田 宰臣(九州大学・理学部・助手)
TOMITA Suzuomi(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
炭田堆積盆地の基盤岩は古生層・変成岩類から白亜紀花崗岩類まで、当地方先第三系のすべてが含まれる。小倉炭田の基盤は著しい凹凸を示すが、他の調査地域での不整合面の起伏は比較的緩やかで、堆積盆地の原地形が地域により多様なことを示唆している。第三紀層には基底礫岩と特定できる岩層は無く、多くの場合、礫混り砂岩を主とする岩相変化に富む粗粒岩層が不整合面を覆う。当地方の非海成第三紀層は、粗粒岩優勢の上方細粒化型堆積輪廻相を示し、輪廻層を部層の単位として識別できることもある。基盤に起伏のある場合、これら輪廻層の各部位がアバット状に基盤に接するほか、一方向に向って下位の地層が尖滅・アバットする傾向も数地域で認められた。このことは炭田堆積盆地が或る小区域から炭田全域に次第に拡大したことを示唆する。又しばしば紫赤色岩層が基底部付近に見られるが、その中には明らかに地すべり性堆積物と判断できるものがあり、炭田形成初期には、周囲の基盤岩地域から河川系と別個にこのような形での砕屑物流入も多かったと思われる。しかしこのような推論が九州北部炭田全域で適用できるのか、又各炭田独自の形成発達過程を持つのかを知るためには、更に調査域を広げる必要があるが、現在市街地化したり各種施設用地として踏査不可能の所も多く困難が予想される。基盤岩の地質構造、特に断層については予備調査以上の資料は得られなかった。宗像炭田周辺の関門層群は分布・層序の再調査が必要であろう。又花崗岩中の断層は発見が困難だが炭田構造には重要と思われ検討を要する。第三系縁辺を画する断層は少なくとも第三系堆積前(又は最初期)・堆積中・堆積後の3回の活動が考えられるが、第四紀宗新世での活動例も見出され、これらを選別し断層発達の過程を考察するにはより多くの未知資料が必要で、第四紀学・土木地質学分野の情報を得て今後の検討を進めてゆきたい。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
夾炭層 by 九州炭礦技術連盟; 山崎, 達雄; 野田, 光雄
9
by 岡本, 誠之
6
Bottom Sediments in Bays of North Kyushu by 満塩, 博美; MITSUSIO, HIROMI
12
南スマトラ堆積盆地について : 特にその集油褶曲の総括的研究 by 電力中央研究所電気事業研究委員会; 電力中央研究所資料室
6.
Bottom Sediments in Bays of North Kyushu by 満塩, 博美; MITSUSIO, HIROMI
7.
夾炭層 by 九州炭礦技術連盟; 山崎, 達雄; 野田, 光雄
9.
by 岡本, 誠之
12.
南スマトラ堆積盆地について : 特にその集油褶曲の総括的研究 by 電力中央研究所電気事業研究委員会; 電力中央研究所資料室