特異構造アミノ酸を含む植物毒環状ペプチドの合成と構造機能相関

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

特異構造アミノ酸を含む植物毒環状ペプチドの合成と構造機能相関

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
脇 道典(九州大学・理学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987
概要(最新報告):
特異構造を持つアミノ酸, Aoe(2-amino-8-oxo-9.10-epoxydecanoic acid), 残基を含む生理活性環状ペプチドが, 最近次々と天然に見い出されているが, その立体選択的合成が困難なため, これら環状ペプチドの合成的研究例は少ない. 本研究では, このAoe含有環状ペプチドの代表として植物毒環状テトラペプチドのCyl-1(1__〜)を選び, その立体選択的合成ルートの確立と天然1__〜の合成的構造確認を目指した. さらにその基礎研究として, アシラーゼによる光学活性アミノ酸の調製法, および構造機能相関研究の基礎として環状テトラペプチドのコンホメーションについて検討した. 1.光学活性アミノ酸調製法: 一連のアシルーL-Pheを用い, 糸状菌および豚腎臓アシラーゼによる酵素分解速度を比較したところ, 糸状菌アシラーゼに対してはホルミル体が従来汎用されているアセチル体より約4倍も分解され易いこと, 腎アシラーゼに対しては, ブチリル体が最も有効であることを明らかにした. 2.環状テトラペプチドのコンホメーション: すでに, 1__〜のAoeをL-Leuに置換したアナローグのコンホメーション解析により, そのアナローグがユニークなトランスートランスーシスートランス構造をとることを報告した. さらに一般的に, 環状テトラペプチドのコンホメーションが, その一次構造と密接に関連し, その相関関係を示す経験則を明らかにしえた. 3.Aoe前駆体アミノ酸誘導体の合成: C^2不斉源として, Boc-L-Asp-OBu^tを利用, DCCによりジメチルピラゾール体に変換, LiAlH_4還元によりアルデヒド体とし, 〔Ph3P^^+(CH_2)_4-OH〕Br^+とのWittig反応, 接触還元によりBoc-L-Aho-OBu^t(Aho, 2-amino-8-hydroxy octanoic acid)を得た. 4.Aho含有1__〜環状前駆体の合成: 上記Aho誘導体より調製したH-L-Aho(B_2l)-OB_2lを出発原料として, すでに調製ずみのBoc-L-lle-L-Pyo-OH,Boc-O-Tyv(Me)-OHを逐次カップリングして鎖状テトラペプチド誘導体とした. 現在その環状化を実施中で, 完成(香月-Sharpless不斉酸化等)がまたれる. 続きを見る
本文を見る

類似資料: