三、四体模型による原子核組替反応の理論的研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

三、四体模型による原子核組替反応の理論的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Theoretical Studies of Nuclear Rearrangement Process in 3- and 4-Body Models
責任表示:
河合 光路(九州大学・理学部・教授)
KAWAI M.(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1989
概要(最新報告):
本研究では、まず、離散化連続チャネル結合法(CDCC)の基礎を現実的な重陽子-原子核の系につき理論的及び数値的に詳細に検討した。その結果、その収束性を定量的に検証し、その依って来る理由を解明した。また、従来の、いわゆる連結核の方法との関連も明らかにし、同時に、CDCC法を出発点とする新しい近似法を提唱した。研究のもう一つの必である組替えチャネル結合法(CRC)関しても大いに進展があった。まず、三、四核子系の束縛状態について初めてのCRDによる変分計算を行った。波動関数はすべでの組替えチャネルの成分を持ち、各成分の動径関数はGasuu型のTailをもつ関数系で展開される。その係数を変分パラメタ-として計算をした結果、従来のFaddeev理論による最高の計算と正確に一致する答えを得た。しかも、計算の収束はそれよりはるかに速い。また、四体系の基底状態についても従来の計算と一致する答えを得た。散乱問題に関しては、まず組替え反応に対するDWBAの基礎に関する研究を(d,p)反応を例に取り行った。CRCの結果がDWBAによって再現出来るか否かを数値的に検討したが、結果は否定的であった。これは、今後の核反応論に重要な研究課題を残すものである。次に、組替えと粒子分解の両方を伴う反応として、中間子触核融合反応において決定的な役割を演ずる、(dμ)+t→(tμ)+dの解析をおこなった。(dtμ)三体系に前述と同様なGauss型試行関数を用いたチャネル結合変分法に再現できた。現在、差分法によるCDDD+CRCの計算を進めている。この方法による一般の核反応の計算に関しても現在計算コ-ドを開発中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
最適化問題と汎関数の極値問題 by 倉橋, 貴彦; Kurahashi, Takahiko
2
不安定核の構造と反応の理論的研究 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
5
連続状態離散化チャネル結合法(CDCC法)による原子核反応解析コード : (そのI) : cdcc 核ポテンシャルの算出 : 新登録プログラムライブラリの紹介 by 井芹, 康統; Iseri, Yasunori; 上村, 正康; Kamimura, Masayasu; 八尋, 正信; Yahiro, Masanobu; 櫻木, 弘之; …
11
Modelling and analysis of droplet motion on a plane by Švadlenka, Karel; Omata, Seiro; 小俣, 正朗
6
少数多体系の厳密解とその応用 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
12
MODELLING AND ANALYSIS OF DROPLET MOTION ON A PLANE by Śvadlenka, Karel; Omata, Seiro
2.
不安定核の構造と反応の理論的研究 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
5.
連続状態離散化チャネル結合法(CDCC法)による原子核反応解析コード : (そのI) : cdcc 核ポテンシャルの算出 : 新登録プログラムライブラリの紹介 by 井芹, 康統; Iseri, Yasunori; 上村, 正康; Kamimura, Masayasu; 八尋, 正信; Yahiro, Masanobu; 櫻木, 弘之; …
6.
少数多体系の厳密解とその応用 by 上村 正康; KAMIMURA Masayasu
7.
最適化問題と汎関数の極値問題 by 倉橋, 貴彦; Kurahashi, Takahiko
11.
Modelling and analysis of droplet motion on a plane by Švadlenka, Karel; Omata, Seiro; 小俣, 正朗
12.
MODELLING AND ANALYSIS OF DROPLET MOTION ON A PLANE by Śvadlenka, Karel; Omata, Seiro