九州方言の歴史的研究

閲覧数: 28
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

九州方言の歴史的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
奥村 三雄(九州大学・文学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987
概要(最新報告):
(一)(1)国立国語研究所所蔵の九州方言関係の資料(各県地方調査員の報告物その他)や, 九州各県の地方教育委員会所蔵の資料等を探索し, 従来における九州方言研究の実態を究明した. (2)九州諸方言の中, 肥前・肥後・薩摩・大隅・日向・豊後各地方の主要方言18地点(各地3地点ずつ)の方言を臨地調査した. アクセント・音韻・文法諸現象が中心. (3)国会図書館所蔵の本草書など江戸時代の九州方言関係文献を調査研究した. (4)上記(1)(2)(3)の調査結果をカードに整理した. (5)上記の結果から九州諸方言相互の系譜関係や新古関係を考察した. (二)筑前・筑後地方の方言調査は実施しなかったが, これは或程度昨年度以前の予備調査の結果を利用する事ができた. 上記(一)の(2)及び(5)の結果を利用した九州諸方言分布図の作製は今後の課題となった. (三)その研究成果については, 『九州方言の歴史的研究』(昭和63年3月桜楓社刊行予定)で詳述するが, 重要な発見としては次の如きが挙げられる. (1)国会図書館所蔵『庶物類纂』(江戸時代文献)が動植物名等を中心とした貴重な九州方言史料である事がわかった. (2)従来のいわゆる「豊日方言」はアクセントその他の面からして, 少くとも, 日向方言と豊前豊後方言とに分かつべき事. 豊後の中, 日田方言は筑前式方言に入れるべき事等がわかった. (3)九州諸方言の中, 南部の薩隅方言は意外に古い言語形式の残存が少く, むしろ豊前豊後地方に古形の残存が多い事を明らかにした. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
九州方言の歴史的研究 by 奥村 三雄
2
九州・琉球方言の文献方言史的研究 by 迫野 虔徳; SAKONO Fuminori
3
九州方言の動詞の活用 by 迫野, 虔徳; Sakono, Fuminori
9
文献方言史研究資料の発掘と調査研究 by 迫野 虔徳; SAKONO Fuminori
4
九州方言の特異性(一) by 吉町, 義雄; Yoshimachi, Yoshio
10
九州方言の史的研究 by 奥村 三雄
5
九州方言の特異性(二) by 吉町, 義雄; Yoshimachi, Yoshio
1.
九州方言の歴史的研究 by 奥村 三雄
2.
九州・琉球方言の文献方言史的研究 by 迫野 虔徳; SAKONO Fuminori
3.
九州方言の動詞の活用 by 迫野, 虔徳; Sakono, Fuminori
4.
九州方言の特異性(一) by 吉町, 義雄; Yoshimachi, Yoshio
5.
九州方言の特異性(二) by 吉町, 義雄; Yoshimachi, Yoshio
9.
文献方言史研究資料の発掘と調査研究 by 迫野 虔徳; SAKONO Fuminori
10.
九州方言の史的研究 by 奥村 三雄
11.
On the Syntactic Structure of Bai and Tai in Hichiku Dialect by Kido, Yasuhito; 木戸, 康人