根尖性歯周炎の成立進展におけるインターロイキン1の意義

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

根尖性歯周炎の成立進展におけるインターロイキン1の意義

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Effects of interleukin 1 on the proceeding process in apical periodontitis
責任表示:
AKAMINE Akifumi
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
歯周疾患の成立進展におけるILー1に関する基礎的研究として、軟組織の炎症に始まり硬組織破壊に至る過程を培養下の線維芽細胞、骨芽細胞および軟骨細胞を用いて、生化学的、免疫学的に解析を行った。また臨床的には根尖性歯周炎を有する患者の根管浸出液中に認められるILー1様因子が根尖性歯周炎の成立、進展とどの様な関連性があるかを追求した。その結果、以下のことが明らかになった。1)種々細菌細胞壁の有する多彩な生物活性の最小有効単位であることが知られたムラミルジペプチド(MDP)で線維芽細胞を刺激することによって得られたILー1様因子(FTAF)はSDSーポリアクリルアミドゲル電気泳動にて、分子量約2万と3万五千の画分に活性を認め、等電点電気泳動による分画で、酸性側(PH3.5〜4.7)にPIをもつ因子であることが判明した。2)細胞の増殖分化の細胞レベルでの解析が最も進んでいる培養軟骨細胞を用いた検索によりILー1(α、β)と腫瘍壊死因子(TNF)は結合組織の主要成分であるプロテオグリカンの合成を抑制する一方、その分解を促進することが明らかになった。またILー1αに対する6種類のモノクローナル抗体を作製し、ILー1活性ならびにプロテオグリカン合成・分解に及ぼす中和能を調べ、ほぼ平行関係がみられることが分った。3)ILー1は骨芽細胞を骨面から遊離させて、前破骨細胞が骨面に接触できうるような微小環境をつくりだし、破骨細胞性骨吸収を惹起させる作用を有していることが分った。また高濃度ILー1を添加すると、前破骨細胞が癒合して破骨細胞への分化過程を活性化する可能性が示唆された。4)根尖性歯周炎を有する歯牙より調整した根管浸出液には分子量約1万のILー1様活性物質が認められ、このILー1様活性は歯肉治療の経過に伴い、消失することが明らかになった。また、抗ILー1α抗血清を用いた中和実験では、根管浸出液中のILー1様活性は28〜31%の抑制効果を示した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
根尖性歯周炎とケモカインとの相関性 by 永田 健吾; NAGATA Kengo
7
落屑症候群の緑内障発生機序に関する研究 by 久保田 敏昭; KUBOTA Toshiaki
6
RAの実験モデルにおける発症と慢性化機序に関する研究 by 宮原 寿明; 寺田 和正; TERADA Kazumasa
1.
根尖性歯周炎とケモカインとの相関性 by 永田 健吾; NAGATA Kengo
6.
RAの実験モデルにおける発症と慢性化機序に関する研究 by 宮原 寿明; 寺田 和正; TERADA Kazumasa
7.
落屑症候群の緑内障発生機序に関する研究 by 久保田 敏昭; KUBOTA Toshiaki