ヘパリン加工膜型人工肺に関する基礎的並びに臨床的研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘパリン加工膜型人工肺に関する基礎的並びに臨床的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The thromboresistant mechanism of Heparin surface and its application to membrane oxygenator
責任表示:
兒玉 謙次(九州大学・医学部・助手)
KODAMA Kenji(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1989
概要(最新報告):
新しい抗血栓性素材であるHeparin Surfaceの抗血栓機構や膜型人工肺への応用についてカロリンスカ研究所と共同研究を行い以下のような研究結果を得た。 1.Heparin Surfaceの抗血栓機構について (1)アンチスロンビンIII(AT)を吸着したHeparin Surfaceは第Xa因子を取り込んで阻害することが明らかになり、その反応速度は高親和性ヘパリンと結合したATにより規定され、高および低親和性ヘパリンと結合したATの総和によって全阻害能が規定されることが示唆された。 (2)Heparin Surfaceにした回路の壁のずれ率がスロンビンと第Xa因子の阻害に及ぼす影響を調べた結果、低ずれ率の部位では両者の阻害能に差がなく、高ずれ率の部位ではスロンビン阻害能が低下することから凝固因子の阻害がずれ率に依存していることが示唆された。 2.Heparin Surfaceの膜型人工肺への応用について (1)Heparin Surfaceの膜型人工肺と体外循環回路を雑種成犬に装着し、ヘパリン非投与の条件下にArterio-Venous Bypassによる部分体外循環を試行し、凝固時間、血小板数、AT活性、部分スロンボプラスチン時間、プロスロンビン時間などに着変なく、24時間の体外循環を維持できた。 (2)同様の条件下にVeno-Venous Bypassを試行し同様の結果を得た。 (3)以上の結果より、Heparin Surfaceの安全性が確認されたと判断し気管分岐部腫瘍切除再建術の周術期気道確保のためにHeparin Surface膜型人工肺を準備したが、使用するには至らなかった。 (4)今後も、より安全で有用な呼吸補助法としてHeparin Surface膜型人工肺の臨床応用の確立を目指したいと考えている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
広範微小肺腫瘍塞栓によって呼吸不全を来たした肝細胞癌患者の一例 by 田中, 紘介; Tanaka, Kosuke; 中舎, 晃男; Nakasya, Akio; 宮崎, 将之; Miyazaki, Masanori; 高尾, 信一郎; …
5.
広範微小肺腫瘍塞栓によって呼吸不全を来たした肝細胞癌患者の一例 by 田中, 紘介; Tanaka, Kosuke; 中舎, 晃男; Nakasya, Akio; 宮崎, 将之; Miyazaki, Masanori; 高尾, 信一郎; …