神経組織の加齢と内因性毒性物質についての研究

閲覧数: 22
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

神経組織の加齢と内因性毒性物質についての研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Study on aging of the nervous tissue and the endogeneous toxic substances
責任表示:
GOTO Ikuo
本文言語:
日本語
研究期間:
1987-1988
概要(最新報告):
神経組織の老化の要因の1つに内因性毒性物質が関与している可能性がある。我々はそのうち脳内に大量に含まれるスフィンゴ脂質の脂肪酸がはずれたリゾフィンゴ脂質に注目し、その測定法の開発、合成、分解、代謝障害などを検討した。まずリゾ型脂質はそれが第1級アミノ基を持つことにより、それにOーフタルアルデヒドという蛍光物質を結合させ、サイコシン(セレブロシドのリゾ体)スフィンゴシン(セラミドのリゾ体)を高速液体クロマトグラフィーを用いて測定する方法を開発した。本方法は非常に高感度で数pmilまで定量が可能であった。その結果従来正常組織には存在しないといわれていたサイコシン、スフィンゴシンが正常マウス、ヒトの組織内に存在することを証明した。サイコシンは加齢により増加したがスフィンゴシンは比較的一定の濃度を保った。スルファチドのリゾ体であるリゾスルファチドも同様にヒト大脳白質に存在することが判明したが、加齢による変化は現在検討中である。これらリゾスフィンゴ脂質の毒性に関してはGLDにおいてサイコシンが脱髄やプロテオリピドプロティンのアシル化の阻害を起こすことを報告した。又、リゾスルファチドがミトコンドリア呼吸酵素を阻害することも報告した。合成に関してはスフィンゴシンの組織内分布よりおそらくセリンーパルミトイルCaAと密接に関係があると考えられた。サイコシンはスフィンゴシンとUDPがラクトースによりin vitroで合成されることが証明されたが、組織内にあるスフィンゴシンよりサイコシンの合成がおこることが判った。今後これらの内因性毒性物質であるリゾスフィンゴ脂質がどのような生理的役割を果しているかを検討するとともに、他のリゾスフィンゴ脂質の代謝および老化動物モデルを用いてリゾスフィンゴのはたす役割を検討する。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
成長と加齢 by 飯島, 宗一
2
遺伝性脱髄疾患の脱髄機序についての研究 by 小林 卓郎; KOBAYASHI Takuro
8
眼の発生と遺伝 . 加齢と眼 by 大庭, 紀雄; 馬嶋, 昭生; 岩田, 誠; 松井, 瑞夫
9
周辺視領域の刺激に対する反応の加齢効果 by 志堂寺, 和則; Shidoji, Kazunori; 早見, 武人; Hayami, Takehito; 野瀬, 康弘; Nose, Yasuhiro; 北村, 文昭; …
12
老化とはなにか by 琵琶湖長寿科学シンポジウム実行委員会; 亀山, 正邦
2.
遺伝性脱髄疾患の脱髄機序についての研究 by 小林 卓郎; KOBAYASHI Takuro
7.
成長と加齢 by 飯島, 宗一
8.
眼の発生と遺伝 . 加齢と眼 by 大庭, 紀雄; 馬嶋, 昭生; 岩田, 誠; 松井, 瑞夫
9.
周辺視領域の刺激に対する反応の加齢効果 by 志堂寺, 和則; Shidoji, Kazunori; 早見, 武人; Hayami, Takehito; 野瀬, 康弘; Nose, Yasuhiro; 北村, 文昭; …
12.
老化とはなにか by 琵琶湖長寿科学シンポジウム実行委員会; 亀山, 正邦