ロジウム錯体を用いる環形成反応に関する基礎研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロジウム錯体を用いる環形成反応に関する基礎研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
末宗 洋(九州大学・薬学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986
本文を見る

類似資料:

8
新規不斉源の創製とその高次利用 by 末宗 洋; SUEMUNE Hiroshi
12
Rh金属錯体触媒を用いる反応設計 by 木原, 則昭; KIHARA, N
8.
新規不斉源の創製とその高次利用 by 末宗 洋; SUEMUNE Hiroshi
12.
Rh金属錯体触媒を用いる反応設計 by 木原, 則昭; KIHARA, N