口腔内温度で時効硬化する歯科用Au-Pd-Cu-In系合金の開発

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

口腔内温度で時効硬化する歯科用Au-Pd-Cu-In系合金の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
白石 孝信(九州大学・歯学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986
本文を見る

類似資料:

9
Au-Cu基合金の時効硬化挙動に影響する因子 by 大内田, 理一; Ouchida, Riichi
11
Al–Mg–Si系合金の時効硬化挙動に及ぼす急速昇温の効果 by 戸田, 裕之; Toda, Hiroyuki; 本江, 真之; Motoe, Masayuki; 角海, 和宏; Kadoumi, Kazuhiro; 中山, 栄浩; …
9.
Au-Cu基合金の時効硬化挙動に影響する因子 by 大内田, 理一; Ouchida, Riichi
11.
Al–Mg–Si系合金の時効硬化挙動に及ぼす急速昇温の効果 by 戸田, 裕之; Toda, Hiroyuki; 本江, 真之; Motoe, Masayuki; 角海, 和宏; Kadoumi, Kazuhiro; 中山, 栄浩; …