癌細胞の遺伝子発現の変化を指標とした制癌剤感受性

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

癌細胞の遺伝子発現の変化を指標とした制癌剤感受性

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
前原 喜彦(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986
本文を見る

類似資料: