胆汁うっ帯性肝障害の胆汁分泌機能(胆汁酸利胆剤の代謝及びその治療効果)

閲覧数: 31
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

胆汁うっ帯性肝障害の胆汁分泌機能(胆汁酸利胆剤の代謝及びその治療効果)

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Mechanism of bile secretion under cholestatic condition (Metabolism and therapeutic efficacy of cholagogue)
責任表示:
一宮 仁(九州大学・医学部・助手)
ICHIMIYA Hitoshi(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986-1987
概要(最新報告):
前年度の研究に引き継き, デヒドロコール酸の代謝産物についての測定法を確立し, 更に内部標準物質を加える事により, GC-MSを用いて高い精度で定量する事が可能となった. (その一部は, Chem, Pharm, Bul).に速報として発表した. 投与されたデヒドロコール酸は, 肝において還元, 抱合を受け, 胆汁中に分泌される. 生体に由来する, 所謂内因性胆汁酸と区別するため, 24-14Cコール酸を入手し, ジョーンズ酸化により標識デヒドロコール酸の合成を行なった. この標識体を閉塞性黄疸作製ラット及び対照ラットに投与し 胆汁を経時的に採取した. 投与後3時間で 対照ラットにおいて約90%の標識体が回収されたのに対し 黄疸ラットでは著しく回収率が低下した. また, 7及び12位のケト基の還元率も黄疸ラットでは低下し, 閉塞性黄疸解除後という病態下において デヒドロコール酸の肝における代謝及び輸送は低下する事が示された. 非標識体を用いた実験では, 投与量と閉塞の期間を変化させ検討した. 胆汁量は 黄疸群において対照群より高く, またデヒドロコール酸に対する反応もより大きかった. 総胆汁酸分泌量は 胆管閉塞により明らかに低下し, 閉塞期間が長くなる程低下の度合が強かった. 他の胆汁脂質であるコレステロール, リン脂質もほぼ同様の傾向を示した. 以上より 閉塞性黄疸解除後の病態下では デヒドロコール酸の代謝, 輸送のみならず 胆汁成分すなわち, 胆汁流量, 内因性胆汁酸等の胆汁脂質の分泌も阻害され しかも閉塞期間の長さによってより強くなる事が 実験的に確認された. この事は 採取された胆汁成分の分析によって 肝機能障害の判定を行い得る可能性のある事を示唆している. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
合成ペプチドによる塩基性線維芽細胞増殖因子の受容体結合阻害と血管新生の抑制 by 一宮 仁; ICHIMIYA Hitoshi; 牧野 剛緒; 佐藤 靖史; SATO Yasufumi; 古賀 明俊
9.
合成ペプチドによる塩基性線維芽細胞増殖因子の受容体結合阻害と血管新生の抑制 by 一宮 仁; ICHIMIYA Hitoshi; 牧野 剛緒; 佐藤 靖史; SATO Yasufumi; 古賀 明俊