工房の美学

閲覧数: 10
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

工房の美学

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
AESTHETICS OF STUDIO
責任表示:
平田 寛(九州大学・文学部・教授)
HIRATA YUTAKA(九州大学・文学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986-1987
概要(最新報告):
中世以前の造形芸術の制作が工房の共同制作であることは, 洋の東西を問わず歴史的事実である. とくに絵画制作の分野では, 工房制作であるか否かは芸術史上の中世と近世とをわかつ指標の一つである. その事実は, 芸術制作の理念と実際とにどのように反映するのか. それが本研究の課題である. 第一年度はおもに個別研究の側面を重視して史料等の集成につとめ, 第二年度においては総合研究の側面を重視して美学的考察につとめた. その考察はこののち, 本総合研究各自の研究に反映して, 方法論の深化をもたらすことが期待されるが, 本総合研究の成果として指摘できる基本問題をあきらかにした. まづ, 中世以前の工房制作は, 美の認識論をどのように内包していたのか. 換言すれば, 工房の美学は存在論的なのか. 日本の絵師工房についての実証的研究は, 工房の美学は, 制作対象があきらかであり, 制作手段が固定していることが前提となることを教える. 紙形(目的)と顔料(手段)の継承は, 工房の成立の前提である. 固定と閉鎖は, それにともなう. しかし, 腕前の優劣は, その固定と閉鎖をうちやぶり, 美的体験の浅深を自覚せしめると同時に, 個性のはたらきをも認知せしめずにはいない. 工房制度の内と外のいづれにおいても, 固定化をこえたはたらきがつねに存することを教えている. つまり存在論的であるとおもわれる工房の美学は, それが芸術の制作であるかぎりにおいて, 歴史的事実の場においても, 認識論的立場をつねに内包していることが指摘される. このことは逆に, 近代的認識論の立場においても, 目的と手段についての明晰性は, 美の存在論の自覚をしていることになるにちがいない. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
存在と意味 by 下程, 勇吉
5
ヘーゲル存在論と歴史性の理論 by 吉田, 茂芳; Marcuse, Herbert, 1898-1979
11
存在と意味 by 廣松, 渉
12
哲学体系 by 岩崎, 武雄
5.
ヘーゲル存在論と歴史性の理論 by 吉田, 茂芳; Marcuse, Herbert, 1898-1979
10.
存在と意味 by 下程, 勇吉
11.
存在と意味 by 廣松, 渉
12.
哲学体系 by 岩崎, 武雄