ファインケミカルズを指向した化石ヘテロ芳香族資源の有効利用

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファインケミカルズを指向した化石ヘテロ芳香族資源の有効利用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
柘植 乙彦(九大・生産科学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986
概要(最新報告):
昭和61年度の研究実績の概要は次のようである。 1.ヘキサ-及びテトラヒドロインドリジン-7-オン類の立体選択的合成に成功した。すなわち、4-ピリドン体から誘導した4-(シリルオキシ)ピリジン体を四級化してピリジニウム塩として、ついで脱プロトン化によって生じた4-(シリルオキシ)ピリジニウムメチリドと電子不足オレフィン類との環状付加、それに続く脱シリル化によって初期の環状付加体の立体化学が保持されたヘキサヒドロインドリジン-7-オン類を合成することに成功した。また、環状付加反応の親双極子としてアセチレン類を用いることによってテトラヒドロインドリジン-7-オン類を合成した。 2.ピリジニウムメチリド体とオレフィン類との環状付加反応で生成するテトラヒドロインドリジン体は一般に不安定で単離できない。このような不安定なテトラヒドロインドリジン体を安定化させる1つの手法としてニトリルオキシドとの付加体への誘導について研究した。その結果、ニトリルオキシドがテトラヒドロインドリジン体の6,7位ヘレギオ選択的かつ立体選択的に環状付加した安定なイソオキサゾリン体が高収率で得られることが明らかとなった。 3.イリド炭素に電子求引性基をもつピリジニウムメチリドと電子不足オレフィンとの環状付加体は不安定で複雑な混合物を与えるが、シリカゲルで処理すると容易にピリジンの脱離が起り、ピリジニウムメチリドのイリド部がオレィンをヒドロアルキリデン化した化合物に対応する生成物が得られることを見出した。この反応はオレフィンの新しいヒドロアルキリデン化反応として興味ある知見と云える。 今後さらにピリジニウムメチリドを用いた合成反応を展開する予定である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

12
農業資源の保全と有効利用 by 日本農業研究所
12.
農業資源の保全と有効利用 by 日本農業研究所