γ-リノレン酸の栄養効果:とくにコレステロール代謝への影響

閲覧数: 22
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

γ-リノレン酸の栄養効果:とくにコレステロール代謝への影響

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
菅野 道広(九大・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986
概要(最新報告):
1.γ-リノレン酸の組織脂質脂肪酸組成及びエイコサノイド産生への影響:γ-リノレン酸を脂質代謝調節の目的で利用する最大の理由は、リノール酸の代謝上【_Δ6】不飽和化酵素が律速断階となっていることに基づいている。この酵素活性には比較的大きい動物種間差があり、ヒトではかなり低い。そこでヒトと対比できる活性をもつハムスターを用いて脂質代謝への影響を検討した。γ-リノレン酸を13.5%含む糸状菌の生産する油脂を30日間与えた結果、対照油脂群に比べ、肝臓リン脂質中のアラキドン酸の割合は有意に高くなり、同時にジホモ-γ-リノレン酸(γ-リノレン酸の代謝物)がかなりの量検出された。一方、血漿のトロンボキサン【B_2】濃度には両群間で差はなかったが、動脈によるプロスタサイクリン産生はγ-リノレン酸食群で明らかに高かった。これらの結果はγ-リノレン酸はリノール酸に比べ、血液凝固や血管収縮を抑え、動脈硬化の予防に適した環境をもたらすことを指摘している。 2.γ-リノレン酸のコレステロール合成及び異化系酵素活性に及ぼす影響:【_Δ6】不飽和化酵素活性は加齢に伴い低下するので、γ-リノレン酸の諸効果を老若ラットを用いて比較検討した。月見草油(γ-リノレン酸10%含有)の摂取は対照油脂群と比べ、加齢による肝臓HMG-CoA還元酵素(コレステロール合成系律速酵素)活性の低下を著しく軽減させた。一方、【_Δ6】不飽和化酵素活性は月見草油の摂取により特徴的変動を示し、若齢ラットでは上昇し、老齢ラットでは低下した。これらの結果は、γ-リノレン酸が生体機能の維持に有意であることを示唆している。購入したイアトロスキャンを駆使して、血清及び肝臓の脂質成分の広範な分析を行い、Γ-リノレン酸の優れた降コレステロール作用を観察した。 3.化学発癌剤による乳癌誘発への影響:Γ-リノレン酸はリノール酸以上の癌細胞増殖促進効果を示さなかった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
移植自家静脈グラフトの内膜増殖に及ぼすShear Stressの影響 by 古森 公浩; KOMORI Kimihiro; 岡留 健一郎
4
トコトリエノ-ル類の脂質代謝調節機能 by 管野 道廣; 菅野 道広
10
新型多価不飽和脂肪酸によるコレステロ-ル代謝の調節 by 菅野 道廣; SUGANO Michihiro; 菅野 道広
4.
トコトリエノ-ル類の脂質代謝調節機能 by 管野 道廣; 菅野 道広
8.
移植自家静脈グラフトの内膜増殖に及ぼすShear Stressの影響 by 古森 公浩; KOMORI Kimihiro; 岡留 健一郎
10.
新型多価不飽和脂肪酸によるコレステロ-ル代謝の調節 by 菅野 道廣; SUGANO Michihiro; 菅野 道広