深部岩盤の透水特性に関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

深部岩盤の透水特性に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Groundwater Flow in Rock Mass at Deep Depth.
責任表示:
江崎 哲郎(九州大学・機能物質科学研究所・助教授)
Esaki Tetsuro(九州大学・機能物質科学研究所・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986-1987
概要(最新報告):
深部岩盤の透水挙動について基礎的検討を行なった. その結果を要約すると次のとおりである. 1)岩の透水試験は, 三軸圧縮状態で行なう方法が最も問題が少なく, 10^<-9>cm/secのオーダーまでは十分行なうことができる. しかし, 時間経過とともに目づまりと見られる透水の低下がみられる. 2)空隙率の大きい岩石の強度は間隙水圧によりかなり低下する. また, その発生, 消散については, 透水性による時間経過を考えねばならない. また空隙率の小さい岩石でも強制的間隙水圧の下では強度低下を生じる. 3)三軸圧縮容器を用いて, 流入側, 流出側に独立した, 広範囲の水圧が加えられる不連続面の透水試験装置を製作し, 計測の手順を確立した. 特に, バックプレッシャバルブの採用により, 圧力装置が簡便になり, 透水量の計測を電子天秤で行なえるので, 精度よく計測できる. 4)不連続面の透水性は, かみ合わない不連続面の方が, 垂直剛性が小さく, ダイレタンシーを生じるので, かみ合った不連続面より大きくなる. これらの挙動における周圧および間隙圧の関係について調べた. 特に動水匂配が大きくなるとダルシー則が成立しなくなる. 今後は, 不連続面のより信頼できる, 再現性のある不連続面の透水実験によってデータを蓄積するとともに透水モデル作製のための数値実験を進める予定である. このためには, まず不連続面の凹凸を三次元的に計測し, 応力による不連続面の接触状況をモデル化し, その応力-変形特性および透水特性を明らかにし, 単一不連続面の挙動モデルを確立しなければならない. 現在既にこの方向の研究を開始している. 次に実際の現場にある複雑に配置された不連続面について, 検討を行ない, より信頼性のある深部地盤を対象とした地盤応力-透水同時解析方の確立を目ざす予定である. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
土壌の保水性及び透水性と作物根への水分供給力 by 田中, 明; 長, 智男; Tanaka, Akira; Cho, Tosio
5.
土壌の保水性及び透水性と作物根への水分供給力 by 田中, 明; 長, 智男; Tanaka, Akira; Cho, Tosio