パイロットの操縦特性と評価に関する研究

閲覧数: 31
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

パイロットの操縦特性と評価に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Research on the Pilot's Control and Rating Behavior
責任表示:
後藤 昇弘(九州大学・工学部・助教授)
GOTO Norihiro(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986-1987
概要(最新報告):
航空機の操縦に携わるパイロットは, 一般に多変数の情報処理と制御を行っているので, 操縦性の正しい評価やパイロット, レイティングの的確な解釈のためには, 多変数系におけるパイロットの操縦特性を把握することが肝要である. パイロットが採用する閉回路構造が明確な場合には, 種々の方法により操縦特性を解析することが比較的容易にできるが, そうでない場合については, データの蓄積は従来非常に少ない. そこで, 本研究は縦方向, 横方向の飛行経路制御を例に採り, パイロットが採用する閉回路構造が複数個考えられる場合に対する閉回路構造と未知操縦特性の同定並びに従来より用いられてきた仮定の検証を行うことを目的とした. 人間パイロットを用いた縦の飛行経路制御のシミュレータ試験や飛行試験データの解析の結果, パイロットは複数個の閉回路モデルを時分割的に併用している可能性が示された. このような場合に対して, 先に提案した同定法がどのように対応するかを, 主として計算機シミュレーションにより検討し, その結果はパイロットデータ解析と併せて論文にまとめられ公表された. また, 内部ループを採用する制御になる場合, 内部ループと外部ループの周波数特性の違いが同定結果に及ぼす影響についても詳細に調査し, パイロットデータ解析結果の解釈のための目安の1つを得た. これらのことを考慮に入れて, これまでに得られたデータの再検討を進めているが, 更にシミュレータ試験を実施してパイロットデータの蓄積を図ると共に, パイロットの評価との関連について検討を進めることが今後の課題である. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
柔軟飛行体の制御 by 後藤 昇弘; GOTO Norihiro
4.
柔軟飛行体の制御 by 後藤 昇弘; GOTO Norihiro