光合成細菌チトクロームb-c∋複合体のチトクロームbの構造遺伝子の研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

光合成細菌チトクロームb-c∋複合体のチトクロームbの構造遺伝子の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
高宮 建一郎(九大・理学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986
概要(最新報告):
1.チトクロームb-562のN末端領域のアミノ酸配列を30残基決定し、この配列をもとに14塩基からなるオリゴヌクレオチドをプローブとして合成した。 2.1のプローブとハイブリダイズするR.sphaeroidesの7.4Kbp附近のDNA断片のクローニングをおこない、約1000個のコロニーから、上記のプローブとハイブリダイズするクローンを選んだ。このクローンの塩基配列をdideoxy法により決定した。 3.2の結果、open reading frameから予想されたアミノ酸残基数は157個で分子量は17237であった。また、塩基配列より決定されたN末端のアミノ酸配列は、気相シークエンサーにより決定されたものと完全に一致した。両者のアミノ酸組成もよく一致した。アミノ酸配列のhydropathy profileから、このチトクロームが4つの膜貫通領域を持つ典型的な膜タンパク質であることが示唆された。 4.以上の結果より、得られた塩基配列を持つ構造遺伝子はチトクロームb-562のものであることが示された。今後、チトクロームb-【C_1】複合体の他の構成成分の遺伝子とチトクロームb-562の遺伝子とのゲノム上での位置関係について調べる予定である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

6
好気性光合成細菌の比較生理学研究 by 高宮 建一郎; TAKAMIYA Ken-ichiro
6.
好気性光合成細菌の比較生理学研究 by 高宮 建一郎; TAKAMIYA Ken-ichiro