歯周疾患発症における炎症性細胞の生物化学的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

歯周疾患発症における炎症性細胞の生物化学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The biological activity of inflammatory cells in the pathogenesis of periodontal kisease
責任表示:
前田 勝正(九州大学・歯学部・助教授)
MAEDA KATSUMASA(九州大学・歯学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1986-1987
概要(最新報告):
辺縁性歯周炎は歯垢中に存在する細菌の感染により発症すると考えられているが, 一連の広汎な研究により発症に際し数種のグラム陰性嫌気性桿菌が密接に関与していることが明らかにされている. また一方で, これらの細菌とhostの間で引き起こされる種々の反応についての研究も活発に行われ, 発症に際し生体の防禦機構とくに白血球の作用が重要であることが近年明らかにされている. 我々は, 従来より歯周病患者末梢血白血球や歯肉辺縁部に浸潤した白血球の生物活性(活性酸素産生態等)の検討を行い, 歯肉辺縁部に浸潤した白血球には, 活性酸素産生能等の生物活性が認められることを報告している. 本研究では, このような白血球の生物活性が歯周病原性細菌(Bacteroides gingivalis)由来の可溶性成分によりどのような影響を受けているかを検討した. Bacteroides gingivalisの細菌培養上清中には, 白血球の活性酸素の産生を抑制する物質が存在していることが明らかとなった. 本物質は細菌培養上清中のexohemagglutinine画分に分離され, その作用は白血球表面の受容体及び細胞内の活性酸素産生機構の障害の両作用によりひきおこされていると推定された. 更に, 重症の歯周炎患者血清中には, このexohemagglutinine成分と反応する抗体が多く認められ歯周炎発症に本物質が密接に関与していることが推定された. 続きを見る
本文を見る

類似資料: