トリウム燃料体に関する実験的研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

トリウム燃料体に関する実験的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
古屋 廣高(九州大学・工・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1985
概要(最新報告):
トリウム燃料として、酸化物については照射挙動、炭化物、窒化物については製造技術、基礎物性を中心に研究し、次の成果を得た。 1.(Th,U)【O_2】焼結体燃料の原子炉照射.;原研材料試験炉(JMTR)で照射した燃料の照射後試験を継続した。一方、新たに破壊強度測定のための中型万能試験材を購入し、(Mg,Ni)O固溶体で応力一歪曲線を測定することによりその性能を検証した。 2.イオン照射による照射損傷に関する研究.; U【O_2】を20%,40%含む(Th,U)【O_2】焼結体を数時間加熱後、表面からのU蒸発に伴う表面近傍領域内のU減少挙動を測定した。一方、U【O_2】,Th【O_2】にArイオン(核分裂片を模擬)を照射しながら、オージェ電子スペクトル(AES)を測定した。さらに、(Th,U)【O_2】焼結体の光電子分光スペクトル、表面組織を調べ、照射に伴う原子状態変化について新しい知見を得た。 3.Th【O_2】,(Th,U)【O_2】燃料中の構成元素の移動挙動に関する研究。Th【O_2】に【Y_2】【O_3】,【Gd_2】【O_3】の非放射性核分裂生成物を10〜50%添加した燃料を、溶液混合、共沈、焙焼、加圧成型、焼結の工程より製造した。X線回析の結果、固溶限界は約40%で、この濃度以下では、Ca【F_2】相、以上ではCa【F_2】相、希土類酸化物C型構造が出現した。 4.炭化トリウムの製造と蒸発特性 ; Th【O_2】(80%),U【O_2】(20%)、C粉末を原料とし、炭素熱還元法で(Th,U)C燃料を製造し、反応機構、反応速度の温度依存性を明らかにした。一方、クニューゼンゼルを用いてThCの蒸発エンタルピー、Th(g)の蒸気圧を測定した。 5.炭窒化燃料の製造と鉱酸溶解 ; ThNとCを加熱反応させる方法で、Th(C,N)固溶体を作成後、X線回析により格子定数の組成依存性、中間生成物の結晶構造を決めた。一方、ThNを硝酸で溶解したところすみやかに溶解した。溶解液を低温で加熱乾燥した後、溶解反応物をX線回析で同定した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
医療用原子炉の設計と特性に関する総合的研究 by 東京大学工学部附属原子力工学研究施設
11
原子炉用アルミニウム合金に関する研究 by 軽金属協会; 軽金属協会原子炉用軽金属小委員会
8.
トリウム原子炉の道 : 世界の現況と開発秘史 by Martin, Richard; 野島, 佳子
10.
医療用原子炉の設計と特性に関する総合的研究 by 東京大学工学部附属原子力工学研究施設
11.
原子炉用アルミニウム合金に関する研究 by 軽金属協会; 軽金属協会原子炉用軽金属小委員会