副腎ホルモン分泌調節modulatorの研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

副腎ホルモン分泌調節modulatorの研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Modulator of the synthesis and secretion of hormones from adrenal gland.
責任表示:
名和田 新(九州大学・医学部・教授)
Nawata Haiime(九州大学・医学部・教授)
井林 博(九州大学・名誉教授)

Ibayashi Hiroshi(九州大学・名誉教授)

全て表示
本文言語:
日本語
研究期間:
1985-1987
概要(最新報告):
副腎皮質及び髄質ホルモンの生合成と分泌の調節modulatorの検索を行い以下の成績を得た. (1)ヒト心房性Na利尿ペプチド(hANP)の副腎作用:ヒト及びウシ副腎に特異的hANP受容体の存在をScatchard plot及びautoradiography法で証明した. hANP負荷試験及びヒト及びウシ副腎皮質細胞の単層培養系においてhANPはaldosteroneのみならずOHEA, OHEA-S, androstenedioneおよび19-OH-Androstenedioneの産生, 分泌を抑制する事を証明し, 更にCushing症候群Conn症候群ではα-hANPの降圧作用, 血中cGMP増加作用を示すが, 血中ステロイドホルモンの有意抑制作用を欠き, これが機能性腺腫細胞におけるhANP受容体の欠損, cGMP産生欠如による事を認めた. (2)副腎皮質ステロイドホルモン分泌調節:ヒト及びウシ副腎皮質細胞培養及びprolactinoma患者ACTH負荷試験においてプロラクチンは3βOH steroid dehydrogenaseの部分抑制によりDHEA, DHEA-Sの分泌を促進する事を明らかにした. 副腎髄質に存在するpreproeukephalinA, B由来peptideが副腎皮質ステロイドホルモン分泌抑制を起こし, 副腎皮質より分泌されるcortisolは副腎皮質のcortisol分泌を抑制するautoregulation機構を明らかにした. (3)副腎皮質ホルモン分泌調節及び副腎皮質-髄質の機能相関:ヒト及びウシ副腎髄質glucocorticoid受容体を証明するとともに副腎髄質組織及び褐色細胞種(Ph)内にpreproenkephalinA由来oproid peptide(Met-Enkephalin-AGL, leumorphin, adrenorphin)及びB由来(α-neoendorphin, dynorphin)の存在とその他のbrain gut peptideとしてcalcitonin, somatostatin, VIP, GRF, CRF, ACTH, hANP及び7β2を固定した. また血中7β2にPh患者で著増を示す所見を得た. Dexamethasone(Dex)はpreproenkephalinAmRNAの合成を促進しDexとnicotineは相乗効果を示し, stress時のenkephalin合成放出時のglucocrticoidの潜在効果を示唆する生理的意義が注目される. Opioid Peptide によるcatecholamine 分泌抑制の自己調節を証明した. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
Mode of Action of Steroid Hormones, Catecholamines and Hexose Oximes on DNA by Shinohara, Kazuki; Omura, Hirohisa; Fukumoto, Yuji; Torikai, Yoshihide; Yamafuji, Kazuo; 篠原, 和毅; 大村, 浩久; 鳥飼, 芳秀; 山藤, 一雄
5
オピオイド受容体探索子の設計と合成 by 兼松 顯; KANEMATSU Ken; 兼松 顕
5.
オピオイド受容体探索子の設計と合成 by 兼松 顯; KANEMATSU Ken; 兼松 顕
7.
Mode of Action of Steroid Hormones, Catecholamines and Hexose Oximes on DNA by Shinohara, Kazuki; Omura, Hirohisa; Fukumoto, Yuji; Torikai, Yoshihide; Yamafuji, Kazuo; 篠原, 和毅; 大村, 浩久; 鳥飼, 芳秀; 山藤, 一雄