鶏の放卵の制御機構に関する生理学的研究

閲覧数: 13
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏の放卵の制御機構に関する生理学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on the regulation mechanism of oviposition in the hen.
責任表示:
古賀 脩(九州大学・農学部・教授)
KOGA Osamu(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1985-1987
概要(最新報告):
鶏の放卵に関与する内分泌的要因と考えられているアルギニン・バゾトシン(AVT), プロスタグランディン(PG)及び卵胞由来の放卵誘起物質(001F)の生理作用と放卵との関連性について追求した. 得られた結果を要約すると次の通りである. (1).卵管子宮部に卵が入っている産卵鶏の子宮部にPGあるいはアラキドン酸を直接注入すると推定放卵時刻前に放卵が誘起され, その際に血液中のAVTの量が急激に増大することが確認された. 放卵誘起に要した時間は薬剤の投与時期が自然放卵時刻に近い方が短かった. これらのことから鶏の放卵の際に下垂体後葉性AVTが放出されることが明らかとなった. (2).卵管子宮部組織中のPG含有量を自然放卵の前後で比較してみるとPGE_2の場合は放卵直後に増大したが, PGF_<2α>に関しては著しい変動は観察されなかった. またAVTを産卵鶏に投与すると, 明らかに放卵が誘起されたが, その前後における子宮部組織中のPGE_2およびPGF_<2α>の量に大きな相違は認められなかった. 子宮部組織中のPGの濃度に関しては, 自然放卵とAVTによる誘起放卵との間に顕著な差は見られなかった. したがって放卵の際に子宮部組織中のPG量は大きくは変動しないものと推定された. (3).最大卵胞または破裂卵胞から抽出・精製した001Fの分子量は比較的小さく, しかも酸性が強く, 熱に対しても強いということが明らかとなった. また001Fを産卵鶏に投与すると卵殻形成中の卵の放卵が誘起され, その際に血液中のAVTが放出されることも確認された. これらのことは001Fが放卵機構と密接に関与していることう示しているものと思われる. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
雌鶏における膣部注精後の放卵が受精率におよぼす影響 by 田中, 耕作; 岡野, 香; Tanaka, Kosaku; Okano, Kaoru
4
産卵鶏の血清カルシウム量と卵殼形質に対する上皮小体除去の影響 by 松尾, 昭雄; 古賀, 脩; Matsuo, Teruo; Koga, Osamu
11
卵殻形成の生理学 by 田中, 耕作; Tanaka, Kosaku
6
産卵鷄の飼料として動物性蛋白質と植物性蛋白質の比較試驗 by 濱田, 松吉郎; 粟飯原, 信次; 藤野, 乃武男; Hamada, Matsukichiro; Aihara, Nobuji; Fujino, Nobuo
1.
雌鶏における膣部注精後の放卵が受精率におよぼす影響 by 田中, 耕作; 岡野, 香; Tanaka, Kosaku; Okano, Kaoru
4.
産卵鶏の血清カルシウム量と卵殼形質に対する上皮小体除去の影響 by 松尾, 昭雄; 古賀, 脩; Matsuo, Teruo; Koga, Osamu
6.
産卵鷄の飼料として動物性蛋白質と植物性蛋白質の比較試驗 by 濱田, 松吉郎; 粟飯原, 信次; 藤野, 乃武男; Hamada, Matsukichiro; Aihara, Nobuji; Fujino, Nobuo
11.
卵殻形成の生理学 by 田中, 耕作; Tanaka, Kosaku