流れの非線形挙動の研究

閲覧数: 24
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

流れの非線形挙動の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
INVESTIGATION OF NONLINEAR FLUID MOTION
責任表示:
種子田 定俊(九州大学・応用力学研究所・教授)
TANEDA Sadatoshi(九州大学・応用力学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1985-1987
概要(最新報告):
解析的方法, 数値的方法, 実験的方法を用いた総合的な研究により, 流体運動の示す多様な非線形挙動についての理解を大きく進めることができた. 1.解析的研究 電磁場中の流体の運動方程式, 一様乱流の新しい近似方程式, 完全流体におけるヴォートンに対するモデル方程式, 浅水波に対するエッジレアー理論, 混相流等において, 流体物理現象のある種の特徴をよく表現するモデル方程式が導出された. これらのモデル方程式は, 解析的あるいは数値的に解かれ, 流体物理現象あるいは実験的結果と比べて, かなり一致することがわかった. また, 導出されたモデル方程式のうちいくつかは, カオス的振舞いを示すものもあり, その挙動の理解に一歩近づいた. 2.数値的研究 各種の物理的考察に基き, 高レイノルズ数流れや自由表面をもつ流れについての新しい数値シミュレーション手法により, 円柱, 角柱, 翼形, 球, 丘陵地をすぎる流れ, 平行平板間や管内の流れ, 乱流混合層や境界層での流れ, 液体ジェットや液滴の変形などにおける非線形挙動が明らかになった. また各種の数値的手法を, 渦領域の運動や相互作用, 熱対流に付随したパターンの変化, 乱流ダイナモ効果, 慣性核融合におけるパワーの供給, 気体遠心分離機内の流れ等の問題に適用し, その非線形挙動を解明した. 3.実験的研究 熱線流速計や波高計及び各種の流れの可視化技術を用いて, 回転同心円管間の流れ, 弾性壁を持つ管や溝の中の流れ, 吸い込み口のまわりの流れ, 円管内流の遷移や乱流構造, 水面波の不規則挙動などにおける非線形効果を明らかにした. また無響室中での詳細な実験により非線形効果により渦輪から放射される音波の特性を解明した. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
粘性非圧縮流体の運動方程式 by 加藤 久子; KATO Hisako
10
非定常剥離流の研究 by 種子田 定俊
11
非定常境界層の実験的研究 by 種子田 定俊
6
金属被覆復合管材の細線加工に関する研究 by 小野寺 龍太; ONODERA Ryuta
12
魚の抵抗に関する研究 by 種子田 定俊
4.
粘性非圧縮流体の運動方程式 by 加藤 久子; KATO Hisako
6.
金属被覆復合管材の細線加工に関する研究 by 小野寺 龍太; ONODERA Ryuta
10.
非定常剥離流の研究 by 種子田 定俊
11.
非定常境界層の実験的研究 by 種子田 定俊
12.
魚の抵抗に関する研究 by 種子田 定俊