ヒ素化合物の生体内移動における担体物質に関する研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒ素化合物の生体内移動における担体物質に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
久永 明(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1985
本文を見る

類似資料:

2
半導体新素材の発がん性に関する研究 by 久永 明; HISANAGA Akira
9
機能物質の分子設計における有機フッ素化合物の特性の利用 by 市川, 淳士; Ichikawa, Juniji; 小林, 宏; Kobayashi, Hiroshi; 園田, 高明; Sonoda, Takaaki
2.
半導体新素材の発がん性に関する研究 by 久永 明; HISANAGA Akira
9.
機能物質の分子設計における有機フッ素化合物の特性の利用 by 市川, 淳士; Ichikawa, Juniji; 小林, 宏; Kobayashi, Hiroshi; 園田, 高明; Sonoda, Takaaki