超伝導量子干渉素子を用いた高感度磁界測定装置に関する研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

超伝導量子干渉素子を用いた高感度磁界測定装置に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
圓福 敬二(九州大学・工学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1985
本文を見る

類似資料:

7
高温超伝導SQUID磁気センサの開発 by 円福 敬二; ENPUKU Keiji; 圓福 敬二
5
高温超伝導薄膜を用いた高感度光センサに関する研究 by 円福 敬二; ENPUKU Keiji; 圓福 敬二
5.
高温超伝導薄膜を用いた高感度光センサに関する研究 by 円福 敬二; ENPUKU Keiji; 圓福 敬二
7.
高温超伝導SQUID磁気センサの開発 by 円福 敬二; ENPUKU Keiji; 圓福 敬二
12.
超伝導量子干渉装置を用いた味覚受容の研究 by 山本 智矢; YAMAMOTO Tomoya