気管, 咽頭, 食道の内圧測定法とその臨床的意義

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

気管, 咽頭, 食道の内圧測定法とその臨床的意義

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
小宮山 荘太郎(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1985
本文を見る

類似資料:

1
気管・咽頭・食道の内圧測定法とその臨床的意義 by 小宮山 荘太郎; Komiyama Sohtaro
5
新しい発声機能検査法の開発に関する研究 by 小宮山 荘太郎; KOMIYAMA Sohtaro
6
Analysis of the refulatory mechanism of the rat cerebellum on the motor coordination in the time and space domain by Yamamoto Tomoya; 山本 智矢; 小宮山 荘太郎; Komiyama Sotaro; Llinas R.
12
口腔・咽頭・食道・喉頭・気管・頭頚部 by 三宅, 浩郷; 平野, 実
1.
気管・咽頭・食道の内圧測定法とその臨床的意義 by 小宮山 荘太郎; Komiyama Sohtaro
5.
新しい発声機能検査法の開発に関する研究 by 小宮山 荘太郎; KOMIYAMA Sohtaro
6.
Analysis of the refulatory mechanism of the rat cerebellum on the motor coordination in the time and space domain by Yamamoto Tomoya; 山本 智矢; 小宮山 荘太郎; Komiyama Sotaro; Llinas R.
12.
口腔・咽頭・食道・喉頭・気管・頭頚部 by 三宅, 浩郷; 平野, 実