実船搭載槽内スロッシング荷重の推定法に関する研究

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

実船搭載槽内スロッシング荷重の推定法に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Study on Estimation Method of Sloshing Loads on Actual Ship Tanks
責任表示:
中武 一明(九大・工学部・教授)
Nakatake Kuniharu(九大・工学部・教授)
新開 明二(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1985-1986
概要(最新報告):
実船に搭載されたタンク内のスロッシングを解析する場合には、海洋波中を航行する船が6自由度の不規則運動をするので、これらの船体運動によって励起されるタンク内の液体の流動も3次元かつ不規則な非線形現象として取り扱う必要がある。本研究では、実船搭載タンク内スロッシング荷重の合理的な推定法を確立することを目的として、海洋波中の6自由度運動計算法,各部加速度計算法,境界要素法に基づく3次元スロッシング解析法および非線形応答極大値確率分布計算法を応用し、スロッシング荷重推定の実用的な電算プログラムを開発した。本研究で得られた結論は次の通りである。 (1)摂動展開を用いて簡易化を計った境界要素法のアルゴリズムを導入し、6自由度の船体運動をすべて考慮して3次元スロッシング問題を解析する手法を提示した。この手法によれば、規則波中ならびに不規則波(海洋波)中を船が航行する場合のタンク内スロッシング現象の解析が可能である。 (2)確率変数の絶対値を含む応答の極大値確率分布計算法を提示した。この計算法によれば、液体が充満した矩形タンク内に誘起される変動圧力の統計的予測が可能である。 (3)(1)および(2)の計算法の応用例として、大型油送船の矩形タンクを対象に種々のシミュレーション数値実験を実施した結果を示した。その結果によれば、上記の各計算法を組み合わせて適用することにより、実船に搭載されたタンク内スロッシング荷重の推定が可能であることが判明した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
LNG船のLoading Criterionに関する研究 by 新開 明二; SHINKAI Akiji
3
シーマージンの確率論的推定法の研究 by 新開 明二; SHINKAI Akiji
9
海水打ち込みによる船舶の転覆機構の研究 by 大楠 丹; 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
5
ケ-ブル布設船の運動制御に関する研究 by 貴島 勝郎; KIJIMA Katsuro
1.
LNG船のLoading Criterionに関する研究 by 新開 明二; SHINKAI Akiji
3.
シーマージンの確率論的推定法の研究 by 新開 明二; SHINKAI Akiji
5.
ケ-ブル布設船の運動制御に関する研究 by 貴島 勝郎; KIJIMA Katsuro
9.
海水打ち込みによる船舶の転覆機構の研究 by 大楠 丹; 小寺山 亘; KOTERAYAMA Wataru
10.
波の散乱解析法を用いた方向スペクトル推定 by 吉田 明徳; YOSHIDA Akinori