子宮頸癌発生における単純ヘルペスウイルス2型 DNA の果たす役割

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮頸癌発生における単純ヘルペスウイルス2型 DNA の果たす役割

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
岩坂 剛(九州大学・医学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1984
本文を見る

類似資料:

3
子宮頸癌 by 坂本, 穆彦; 安田, 政実
4
子宮頚癌 by 三谷, 靖
10
子宮頸癌患者における移植卵巣の態度 by 松本, 道雄; MATSUMOTO, MICHIO
3.
子宮頸癌 by 坂本, 穆彦; 安田, 政実
4.
子宮頚癌 by 三谷, 靖
10.
子宮頸癌患者における移植卵巣の態度 by 松本, 道雄; MATSUMOTO, MICHIO