日本産タイ科魚類の性転換とその水産増殖への応用に関する研究

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本産タイ科魚類の性転換とその水産増殖への応用に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on sex reversal in Japanese sea breams (Sparidae)
責任表示:
中園 明信(九大・農学部・助教授)
Nakazono Akinobu(九大・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1984-1986
概要(最新報告):
本研究では、水産上重要魚種であるにもかかわらず、その雌雄同体性についてまったく研究の行われていない、マダイ,チダイ,キダイの3種について、性転換が行われるか否かを検討した。 【I】マダイ マダイは1才前後は卵巣様の生殖腺を持ち、明瞭な精巣組織は認められない。しかしながら、2才になるころに1部の個体で精巣組織が卵巣の腹側で顕著になり両性生殖腺となる。両性生殖腺が見られるのは主として2才魚で3才以上の個体ではほとんど見られなかった。しかし、3才以上の個体でも精巣には元の卵巣腔に相当する空所が認められ、精巣は両性生殖腺をへて分化してくると判断された。以上の結果から、マダイは幼時雌雄同体性で、機能的雌雄同体ではないと判断した。 【II】チダイ チダイの生殖腺の転換過程もマダイと良く類似していた。すなわち、卵巣から精巣への転換は、未成魚においてのみ観察され、満1才以上の成魚の生殖腺には両性のものは出現せず、精巣には卵巣腔に相当する空所のみが見られた。以上の結果より、チダイも幼時雌雄同体で、機能的な雌雄同体ではないと判断した。 【III】キダイ キダイは機能的な雌雄同体で、雌から雄への性転換を行うことが知られている。しかし、性成熟に達する満3才で、約20%の雌が存在することが知られている。そこで、本研究では性成熟時に出現する精巣の由来について調べた。その結果、これらの精巣は未熟な卵巣が精巣へと転換することによって生じることが分かった。すなわち、機能的な雌雄同体とされるキダイにおいても幼時雌雄同体性が見られる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
アマダイ科魚類の雌雄性と採卵技術 by 中園 明信; NAKAZONO Akinobu
8
魚類血糖におよぼす反復採血および麻酔の影響 by 古市, 政幸; 米, 康夫; Furuichi, Masayuki; Yone, Yasuo
6
マダイ卵巣卵の成熟過程と産卵数 by 松浦, 修平; Matsuura, Shuhei
2.
アマダイ科魚類の雌雄性と採卵技術 by 中園 明信; NAKAZONO Akinobu
6.
マダイ卵巣卵の成熟過程と産卵数 by 松浦, 修平; Matsuura, Shuhei
7.
海水魚の浸透圧調節に関する一実験 : 稀釈海水中におけるマダイの浸透圧調節 by 板沢, 靖男; 早川, 悟; Itazawa, Yasuo; Hayakawa, Satoru
8.
魚類血糖におよぼす反復採血および麻酔の影響 by 古市, 政幸; 米, 康夫; Furuichi, Masayuki; Yone, Yasuo