動く遺伝子P因子を用いた形質転換機構の解析及び応用

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

動く遺伝子P因子を用いた形質転換機構の解析及び応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
西郷 薫(九州大学・医学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1984
本文を見る

類似資料: