癌の増殖転移形成におけるプロスタグランディンおよび凝固線溶系の意義に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

癌の増殖転移形成におけるプロスタグランディンおよび凝固線溶系の意義に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
田中 健蔵(九州大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1984
本文を見る

類似資料: