Cu‐Pd‐Au3 元系合金の相変態と時効硬化機構

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Cu‐Pd‐Au3 元系合金の相変態と時効硬化機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
白石 孝信(九州大学・歯学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1983
本文を見る

類似資料:

7
Au-Cu基合金の時効硬化挙動に影響する因子 by 大内田, 理一; Ouchida, Riichi
12
Fe_3Al規則合金の相変態に関する研究 by 相根, 博道; SAGANE, HIROMICHI
7.
Au-Cu基合金の時効硬化挙動に影響する因子 by 大内田, 理一; Ouchida, Riichi
12.
Fe_3Al規則合金の相変態に関する研究 by 相根, 博道; SAGANE, HIROMICHI